芸能人・経営者のおくやみ情報

杉山悟 氏

プロ野球選手[日本]

2009年 3月27日 死去肺がん享年83歳

杉山悟 - ウィキペディアより引用

杉山 悟(すぎやま さとし、1926年1月1日 - 2009年3月27日)は、日本のプロ野球選手(外野手)。
来歴・人物 愛知県豊田市出身。
岡崎中学卒業。
身長180cmを超える体だったことから、「デカちゃん」の愛称で知られた。
パワーのあるバッティングがスカウトの目にとまり、軟式野球のチームだったユタカ産業から1948年に中日ドラゴンズに入団。
入団2年目の1949年には31本塁打をマーク。
1952年に27本を打ち、本塁打王のタイトルに輝く。
同年に、ベストナインも受賞する。
1954年には打点王と2回目のベストナインを獲得する。
この年は主に5番を打った。
この年の日本シリーズ第1戦で、西鉄の西村貞朗から頭部に死球を受けた。
チームは日本一となったが、その後、死球禍で腰が引ける癖が付き、成績を次第に落とした。
1959年に自由契約となり、国鉄スワローズへ移籍するが、活躍はできず再び自由契約となる。
1960年に近鉄バファローに移籍し、6月30日の大毎オリオンズ戦では荒巻淳から逆転打を放ちプロ野球記録の18連勝中だった大毎をストップする殊勲もあったが、全盛期のような成績は残せずこの年に現役引退した。

50年代のプロ野球選手。通称「デカちゃん」。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は33→4→25→2→5番。 1926年1月1日生まれ。愛知県出身。 岡崎中学で軟式野球選手として活躍。 ユタカ産業から1948年、中日ドラゴンズに入団。 強打の外野手として、1952年には27本塁打で本塁打王のタイトルを獲得。 1954年、5番打者としてリーグ優勝、日本一に大きく貢献。 同年、91打点で打点王のタイトルを獲得。 1959年、自由契約後にA級10年選手制度の権利を行使し、国鉄スワローズに移籍。 1960年、近鉄バファローに移籍。同年、現役引退。 1963年、中日ドラゴンズの二軍監督に就任。 1969年、東映フライヤーズのコーチに就任。 1977年、コーチとして中日に復帰。1979年、二軍監督に転じる。 1980年、退団。 退団後、東海テレビの野球解説者を務める。 現在は愛知県岡崎市に在住。 (引用元 Hatena Keyword)