芸能人・経営者のおくやみ情報

阿久悠 氏(あくゆう)

作詞家作家[日本]

2007年 8月1日 死去尿管がん享年71歳

阿久 悠(あく ゆう(AKU YUU)、1937年2月7日 - 2007年8月1日)は、日本の放送作家、詩人、作詞家、小説家。
本名、深田 公之(ふかだ ひろゆき)。
淡路島(兵庫県津名郡鮎原村、現:洲本市五色町鮎原)出身。
第2回横溝正史ミステリ大賞、第45回菊池寛賞受賞。
紫綬褒章、旭日小綬章受章。
来歴・人物 阿久悠のペンネームの由来は「悪友」から。
また、多夢星人(たむせいじん)の変名も使用した(阿久の小説『グッドバイ―BN童子の青春』の登場人物であるロック歌手の名に由来する)。
長男は作曲家の深田太郎で、ゲーム音楽や声優に楽曲提供している。
両親とも宮崎県児湯郡川南町出身。
幼少期は兵庫県警巡査であった父親の仕事の都合で、いずれも津名郡内であるが、数年おきに転居を繰り返す。
洲本市立都志小学校卒業、五色町立都志中学校、一宮町立江山中学校、五色町立五色丘中学校卒業、兵庫県立洲本高等学校卒業(同級生に京都大学教授の木曾好能、料理研究家の為後喜光等がいる)、明治大学文学部卒業。

あくゆう [生]1937.2.7.兵庫[没]2007.8.1.東京,港作詞家,作家。本名深田公之。兵庫県の淡路島に生まれ,1959年に明治大学文学部を卒業して広告代理店に入社。コマーシャル制作,番組企画などに携わった。1965年に退職して放送作家として独立。1968年から作詞家として活動を始めた。演歌からポップスまで幅広く手がけ,生涯5000曲を作詞したといわれる。1971年に尾崎紀世彦が歌った『また逢う日まで』で日本レコード大賞を初受賞したのち,『北の宿から』(1976,都はるみ),『勝手にしやがれ』(1977,沢田研二),『UFO』(1978,ピンク・レディー),『雨の慕情』(1980,八代亜紀)と受賞を重ね,ヒット曲を次々と発表した。テレビジョンのオーディション番組『スター誕生!』では,企画,審査員を務め,同番組から桜田淳子,山口百恵,小泉今日子らが誕生した。小説家としては,『瀬戸内少年野球団』(1979),「隣のギャグはよく客食うギャグだ」(『喝采』所収,1988)が直木賞候補となり,『殺人狂時代ユリエ』(1982)は横溝正史賞を受賞した。1997年菊池寛賞,1999年紫綬褒章,2007年旭日小綬章を受けた。 (引用元 コトバンク)