芸能人・経営者のおくやみ情報

浅井長政(あざいながまさ)

戦国大名[日本]

(天正元年9月1日没)

(ユリウス暦) 1573年 9月26日 死去自刃享年29歳

浅井長政 - ウィキペディアより引用

浅井 長政(あざい ながまさ、旧字体表記:淺井 長政)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
北近江の戦国大名。
浅井氏の3代目にして最後の当主。
浅井氏を北近江の戦国大名として成長させ、北東部に勢力をもっていた。
妻の兄・織田信長と同盟を結ぶなどして浅井氏の全盛期を築いたが、後に信長と決裂して織田軍との戦いに敗れて自害。
浅井氏は滅亡した。
官位は贈従二位中納言(徳川家光の外祖父にあたるため、死後の寛永9年(1632年)9月15日に贈られた)。
生涯 家督相続 天文14年(1545年)に浅井久政の嫡男として、六角氏の居城・南近江の観音寺城下(現在の滋賀県近江八幡市安土町)で生まれる。
幼名は猿夜叉丸。
下克上によって、直接の主筋で北近江の守護であった京極氏を追い落とした浅井氏も、当時南近江の守護であった六角氏との合戦に敗れ、初代当主である浅井亮政(長政の祖父)の代に手に入れた領地も失い、六角氏に臣従していた。

あさいながまさ [生]天文14(1545)[没]天正1(1573).8.9.近江,小谷戦国大名。久政の子。幼名は猿夜叉,のち新九郎,備前守と称した。浅井父祖2代の近江北半の経営を受継ぎ,初め六角氏のために勢力の伸長ができなかったが,永禄6(1563)年織田信長の妹お市(→小谷の方)をめとって勢力を拡張していった。同11年信長とともに観音寺城を陥れて,六角義賢父子を追い,さらに朽木元綱を従え,近江の大半を領した。その後信長が天下統一を志向するに及び,長政は朝倉義景,六角承禎,本願寺と連合して信長にそむき,その打倒をはかったが,元亀2(71)年には比叡山が焼打ちにあい,天正1(73)年には朝倉義景が滅ぼされ,ついには居城小谷を信長に攻撃され落城,自殺した。なお長政の3人の娘は,のちにそれぞれ豊臣秀吉の側室(淀君),京極高次,徳川秀忠の夫人となった。 (引用元 コトバンク)