芸能人・経営者のおくやみ情報

フリードリヒ・シェリングFriedrich Wilhelm Joseph von Schelling

哲学者[ドイツ]

1854年 8月20日 死去享年80歳

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヨーゼフ・フォン・シェリング(Friedrich Wilhelm Joseph von Schelling、1775年1月27日 - 1854年8月20日)は、ドイツの哲学者である。
イマヌエル・カント、ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルなどとともにドイツ観念論を代表する哲学者のひとり。
生涯 ヴュルテンベルク公国(現在のバーデン=ヴュルテンベルク州)レオンベルクで誕生。
父はルター派の神学者・東洋学者・教育者であり、シュヴァーベン敬虔主義の支持者だった。
シェリングは家庭の知的また宗教的雰囲気に強く影響されて育ち、早熟な天才ぶりをみせる。
シュトゥットガルト近郊のニュルティンゲンのラテン語学校、さらにテュービンゲンの一区域であるベーベンハウゼンの学校で学んだシェリングは、10代前半でギリシア語・ラテン語・ヘブライ語に通じた。

  • 題名
    一枚でわかる バッハ
    歌手
    発売元
    マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
    発売日
    1997年8月06日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 928 より
  • 題名
    フルニエの芸術
    歌手
    発売元
    ポリドール
    発売日
    1995年12月01日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 25,704 より

1775.1.27−1854.8.20 ドイツの哲学者。 ルター派神学者の家庭に生まれ、ヘーゲル、ヘルダーリンらとともにテュービンゲン神学校に学ぶ。在学中に哲学に転向し、早熟な活動を開始。ゲーテに『世界霊について』の論文で認められ、1798年、イエナ大学助教授に就任。イエナ全体に当時のドイツを代表するキラ星のような才能が集まっていた時期で、その中でもF・シュレーゲル夫妻とは特に親しかった。ただし、シュレーゲル夫人カロリーネとの仲は昂じてやがて恋愛沙汰となり、1803年に夫と離婚したカロリーネと正式に結婚。1806年、ミュンヘン大学が開校され、哲学教授に就任。大学で講義を行うと共にバイエルン王国王太子、マキシミリアン(のちのマキシミリアン2世、「白鳥王」ルートヴィヒ2世の父王)の家庭教師としての功績を評価され、貴族に序せられる。学問好きのマキシミリアンと哲学者の関係は終生続いた。 しかし、1807年、少年時代以来の大親友だったヘーゲルの『精神現象学』でシェリングの「同一哲学」が批判され、両者以後決別しただけでなく、シェリングはヘーゲルにとっての最大の論敵の一人となった。 1841年、ヘーゲル亡き後のベルリン大学に招かれ、いわゆるヘーゲル学派の人々とは対立するが、シェリングは哲学者として持続的な影響力を持つことができず、46年からは事実上の引退生活を送ることを余儀なくされ、54年の死まで未完原稿に手をいれていた。 シェリングの哲学は、 (1)デカルト以来の機械的二元論を否定し、自然を有機的全体として捉えた「自然哲学」から、主体と客体の絶対者における統一を説く「同一性哲 …… (引用元 Hatena Keyword)