芸能人・経営者のおくやみ情報

矢内原忠雄 氏(やないはらただお)

経済学者、東京大学総長[日本]

1961年 12月25日 死去享年69歳

矢内原忠雄 - ウィキペディアより引用

矢内原 忠雄(やないはら ただお、1893年(明治26年)1月27日 - 1961年(昭和36年)12月25日)は、日本の経済学者・植民政策学者。
東京大学総長。
日本学士院会員。
正三位勲一等瑞宝章。
人物・生涯 青年期 愛媛県今治市に四代続いた家系の医者の子として生まれる。
教育熱心な父の影響で、神戸の従兄弟(望月信治)の家から兵庫県立神戸中学校(兵庫県立神戸高等学校の前身)に通学して卒業。
旧制第一高等学校に在学中、無教会主義者の内村鑑三が主催していた聖書研究会に入門を許され、キリスト教への信仰を深めていった。
東大に入学後は、吉野作造の民本主義や、人道主義的な立場から植民政策学を講じていた新渡戸稲造の影響を受け、思想形成を行っていった。
ちなみに、矢内原が卒業した神戸中学校の在校当時の校長鶴崎久米一は、札幌農学校で新渡戸稲造と同期の入学生である。
一高を出て大学に入る間の夏休みに、一人で富士山に登っている。
1913年(大正8年)20歳の時であった。
壮年期 1917年(大正6年)、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業後、住友総本店に入社し、別子銅山に配属される。

やないはらただお [生]1893.1.27.今治[没]1961.12.25.東京経済学者。1917年東京大学卒業。住友総本店に入社したが,20年母校の経済学部助教授。欧米留学後,23年教授となり植民政策を講じた。37年『中央公論』に発表した論文「国家の理想」の反軍・反戦思想が問題となり大学を辞職,第2次世界大戦後の45年11月大内兵衛らとともに母校に復帰,51~57年2期にわたって東京大学総長をつとめる。学生時代より内村鑑三に私淑し,聖書研究会,雑誌『嘉信』などを通じて反戦平和を説き続けた。主著『帝国主義下の台湾』(1937),『南洋群島の研究』(35),死後『矢内原忠雄全集』(29巻,63~65)が刊行された。 (引用元 コトバンク)