芸能人・経営者のおくやみ情報

ダリル・スペンサー 氏Daryl Dean Spencer

メジャーリーガー[アメリカ]

2017年 1月2日 死去享年89歳

ダリル・スペンサー(Daryl Dean Spencer , 1929年7月13日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球指導者。
ドクター・ベースボールと呼ばれるほど尊敬された人物。
来歴・人物 1952年にニューヨーク・ジャイアンツ(現:サンフランシスコ・ジャイアンツ)でメジャーデビュー。
以後は1960年にセントルイス・カージナルス、1961年シーズン途中にロサンゼルス・ドジャース、1963年シーズン途中にシンシナティ・レッズと渡り歩く。
1964年に阪急ブレーブスに入団し来日。
長池徳士とともに阪急の主砲として活躍した。
1965年7月16日、サイクル安打を達成。
阪急入団後初めて記録した三塁打がこの記録に結び付いた。
尚、日本では当時サイクル安打という概念は無く、スペンサーはサイクル安打を達成した際、自ら記者に「なぜ自分に質問をしてこないのか。
これはサイクル安打といって、とんでもない記録なんだよ」と言ったという。
また1965年には打撃好調で、当時パシフィック・リーグ最強打者として君臨していた野村克也(南海)と激しい三冠王争いをしていた。

Daryl Dean Spencer 元MLB選手。元プロ野球選手。 右投右打、ポジションは二塁手→一塁手。背番号は25番。 1929年7月13日、生まれ。2017年1月2日、死去。 アメリカ合衆国カンザス州出身。 ニューヨーク・メッツ、サンフランシスコ・ジャイアンツ、ロサンゼルス・ドジャース、セントルイス・カージナルス、シンシナティ・レッズと5球団を渡り歩く。 1964年、阪急ブレーブスに入団。4番打者として活躍。長池徳士と共に打線を牽引した。獰猛で鳴らす反面、常に日本の野球を研究し、日本球界に順応していった。 1965年7月16日、サイクルヒット達成。同年8月、本塁打王争いの最中に8打席連続四球。これにより野村克也が三冠王獲得。 1967年、阪急ブレーブスの初優勝に貢献。オールスター2回出場。 1969年、退団。 1971年、阪急ブレーブスに復帰し選手兼任コーチとなる。 1972年、退団。退団の際に日本球界を研究した「スペンサー・メモ」を残す。そのメモが功を生み、1970年代の黄金時代に大きく貢献した。 帰国後は地元のセミプロ球団の監督を務めた。 ブレーブス史上最高の外国人選手に数えられる。 また、伊東一雄の「パンチョ」というニックネームの名付け親として知られる。 (引用元 Hatena Keyword)