芸能人・経営者のおくやみ情報

松村達雄 氏(まつむらたつお)

俳優[日本]

2005年 6月18日 死去心不全享年92歳

松村 達雄(まつむら たつお、1914年12月18日 - 2005年6月18日)は、日本の俳優。
東京俳優生活協同組合所属。
大学時代はラグビー選手として活躍し、劇団を結成して舞台で活動するが、劇団の解散後は映画・テレビドラマに多く出演した。
しやがれた声の独得な台詞まわしと、芝居臭さを感じさせないリアルで深味のある演技で個性的なバイプレイヤーとして活躍し、崩れたインテリ役に定評があった。
映画『男はつらいよ』シリーズで2代目おいちゃん役を演じたことでも知られる。
来歴・人物 1914年(大正3年)12月18日、神奈川県横浜市に父・武重と母・トエの3男2女の3男として生まれる。
父の武重はコロムビアレコードの取締役文芸部長だった。
大森区立山王小学校、暁星中学校を経て、1932年(昭和7年)に法政大学予科に入学。
1934年(昭和9年)、演劇に興味を抱いた為に日本大学専門部芸術科に転学、1935年(昭和5年)に法政大学経済学部に復籍する。
大学時代は一貫してラグビー部に所属し、左ウィングで活躍した。
1938年(昭和13年)、法政大学を卒業して同人劇団を結成。

映画「男はつらいよ」シリーズのおいちゃん役など、テレビ、映画の名わき役として知られる俳優。 2005年6月18日、心不全のため東京都内の病院で死去。90歳。 横浜市生まれ。法政大を卒業し、第二次世界大戦で応召。終戦後、小劇団からテレビ、映画の世界へ。ドラマでは「事件記者」(NHK)など多数に出演。70年「どですかでん」など、映画でも活躍した。 72年からは、死亡した森川信の後を継いで「男はつらいよ」シリーズの2代目おいちゃん役でレギュラー入り。同年の「柴又慕情」から74年「寅次郎恋やつれ」まで5作に出演した。93年には黒沢明監督の遺作「まあだだよ」で、内田百ケン役として映画初主演。確かな演技力とひょうひょうとした雰囲気をあわせ持つ、味のある名バイプレーヤーとして存在感を見せていた。 最近では03年の映画「解夏」、昨年のドラマ「それからの日々」(テレビ朝日系)に出演した。 (引用元 Hatena Keyword)