芸能人・経営者のおくやみ情報

村上浪六(むらかみなみろく)

作家[日本]

1944年 12月1日 死去享年80歳

村上浪六 - ウィキペディアより引用

村上 浪六(むらかみ なみろく、1865年12月18日(慶応元年11月1日) - 1944年(昭和19年)12月1日)は、日本の小説家。
和泉国堺生まれ。
本名は信(まこと)。
別号はちぬの浦浪六。
税所篤に目をかけられ実業家、政治家を目指すが、失敗。
1891年、『郵便報知新聞』の森田思軒の勧めで小説「三日月」を書き、以後小説家として一世を風靡する。
侠客が活躍する小説を得意とし、撥鬢小説(ばちびん-)と呼ばれた。
大正期には、生前から『浪六全集』が出るなど(生前の全集は誤用で、恐らく浪六全集に始まる)、大衆に人気があった。
『当世五人男』(1896年)が代表作。
長男は女性史・服飾史・医学研究家の村上信彦。
孫に浅沼稲次郎を刺殺した山口二矢がいる。
著書 三日月 春陽堂、1891 井筒女之助 (ちぬの浦) 春陽堂 鬼奴 (ちぬの浦) 春陽堂、1892 奴の小万 春陽堂 破大皷 春陽堂、1893 夜嵐 春陽堂 浪六漫筆 春陽堂 征清軍記 村上信 青木嵩山堂、1894 浪六叢書十番のうちたそや行燈 春陽堂 日清事件新小説 青木嵩山堂 深見笠 春陽堂 髯の自休 春陽堂 安田作兵衛 春陽堂 海賊 青木嵩山堂、1895 古賀市 青木嵩山堂 魚屋助左衛門 青木嵩山堂 後の海賊 青木嵩山堂 後の三日月 春陽堂 大阪城 青木嵩山堂、1896 鬼あざみ 青木嵩山堂 十文字 青木嵩山堂 新兵衛 斎藤栄造 花車 (眠獅庵) 青木嵩山堂 (浪六文庫 第1冊) 呂宋助左衛門 青木嵩山堂 しなさだめ 青木嵩山堂、1897 (浪六文庫) 当世五人男 青木嵩山堂 武者気質 青木嵩山堂 狂歌集 青木嵩山堂、1898 浮世草紙 青木嵩山堂 蔦の細道 青木嵩山堂 最後の黒田健次 青木嵩山堂、1899 赤蜻蛉 村上信 青木嵩山堂、1900 原田甲斐 青木嵩山堂 明治十年 青木嵩山堂 春日局 駸々堂、1901 伊達振子 青木嵩山堂 日本武士 青木嵩山堂 やまと心 青木嵩山堂 うき世日記 駸々堂、1902 ……

  • 題名
    八軒長屋 (古典文庫)
    著者
    村上浪六
    発売元
    現代思潮新社
    発売日
    1981-01
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 970 より
  • 題名
    人間学 (1979年)
    著者
    村上浪六
    発売元
    五月書房
    発売日
    1979-04
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 750 より
  • 題名
    大杉栄自叙伝
    著者
    発売元
    土曜社
    発売日
    2011-09-16
    新品価格
    ¥ 1,028 より
    中古商品
    ¥ 3,512 より
  • 題名
    八軒長屋―芝居版
    著者
    村上浪六
    発売元
    現代思潮新社
    発売日
    2007-12
    新品価格
    ¥ 1,728 より
    中古商品
    ¥ 1,197 より
  • 題名
    明治文學全集 89 明治歴史文學集(一)
    著者
    村上浪六
    発売元
    筑摩書房
    発売日
    2013-01-28
    新品価格
    ¥ 8,100 より
    中古商品
    ¥ 7,712 より
  • 題名
    川上三吉
    著者
    村上浪六(信)
    発売元
    浪六叢書刊行会
    発売日
    1926
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 2,500 より
  • 題名
    倉橋幸藏
    著者
    村上浪六(信)
    発売元
    浪六叢書刊行会
    発売日
    1926
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 2,500 より
  • 題名
    鬼奴―他 (1951年) (朝日文庫〈第22〉)
    著者
    村上浪六
    発売元
    朝日新聞社
    発売日
    1951
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 11,680 より
  • 題名
    裸一貫・南無三宝 (1955年) (放送新書)
    著者
    村上浪六
    発売元
    鱒書房
    発売日
    1955
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,200 より
  • 題名
    元禄女と落花狼藉
    著者
    村上浪六
    発売元
    山栄堂書店
    発売日
    1929-08-15
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,080 より

小説家。1865-1944 別号ちぬの浦浪六、眠獅庵、無名氏。 慶応元年、大阪府堺に生まれる。幼時に父を失い、各地の小学校を転々とする。のち上京して明治23年、報知新聞社に入社。編集長森田思軒?に見出され、翌年「報知叢話」に『三日月』を執筆してたちまち人気を博した。以来『井筒女之助』『奴の小万』『たそや行燈』『当世五人男』など数多くの作品を発表。明治25年、大阪朝日新聞に転じ、明治30年には、「太平新聞」を創刊。大衆小説の作家として活動したが、文壇側から正統な作家とみなされず、浪六自身も文壇に重きを置かなかった。作風は、背景の描写などなく、人物との会話だけで進められるものが多い。『原田甲斐』『海賊』などは調子の高い歴史小説とされる。昭和19年、下谷根岸の自宅で死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「村上浪六」と関連する人物(故人)