芸能人・経営者のおくやみ情報

藪田貞治郎 氏(やぶたていじろう)

農芸化学者[日本]

1977年 7月20日 死去享年90歳

藪田 貞治郎(やぶた ていじろう、1888年(明治21年)12月16日 - 1977年(昭和52年)7月20日)は、日本の農芸化学者。
東京帝国大学農学部教授、理化学研究所会長等を歴任する。
1926年に黒沢英一が発見した植物ホルモン「ジベレリン」の構造化、単離結晶化の成功者。
命名者。
滋賀県出身者として最初の農学博士(博士登録番号42番)。
生涯 1888年(明治21年)12月16日大津市に生まれ、1905年(明治38年)滋賀県立第二中学(現膳所高等学校)を卒業した。
第三高等学校を経て東京帝国大学農科大学農芸化学科に入学する。
1911年(明治44年)7月同大学を卒業し、直ちに大学院に入る。
農芸化学の研究に従事し、麹菌の化学構造を決定し1917年(大正6年)7月コウジ酸発見に係わる論文「麹菌ニヨリ生産セラルル一新有機酸(麹酸)ニ就イテ」提出により農学博士学位を授与され、直後に東京帝国大学講師となる。

やぶたていじろう [生]1888.12.16.滋賀[没]1977.7.20.東京農芸化学者。1916年東京大学大学院を修了。農林省技師を経て東大農学部助教授。イギリス留学後,24年東大教授,理化学研究所研究員を兼任。植物病理生化学の分野で業績をあげた。稲の馬鹿苗病菌から植物ホルモン「ジベレリン」を結晶状に分離した研究で,43年日本学士院賞。この研究は種なしブドウなどに応用されている。ほかにラッカセイの皮から薬剤を製造する方法や,電気化学を応用したマレイン酸,コハク酸の製造法なども開発。64年文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)

「藪田貞治郎」と関連する人物(故人)