芸能人・経営者のおくやみ情報

多田道太郎 氏(ただみちたろう)

フランス文学者評論家[日本]

2007年 12月2日 死去肺炎享年84歳

多田 道太郎(ただ みちたろう、1924年12月2日 - 2007年12月2日)は、日本のフランス文学者・評論家。
京都大学名誉教授。
京都府京都市出身。
1949年3月 京都大学文学部文学科卒業(フランス語学フランス文学専攻) 1949年12月 京都大学人文科学研究所助手 1957年 京都大学人文科学研究所講師 1965年8月 京都大学人文科学研究所助教授 1976年6月 京都大学人文科学研究所教授(西洋思想研究部門) 1988年3月 京都大学定年退官 1988年4月 京都大学名誉教授 明治学院大学国際学部教授 1990年10月 武庫川女子大学生活美学研究所所長 1999年4月 神戸山手大学環境文化研究所所長(2003年3月まで) 活動 フランス文学、特にボードレールが専門だが、ほかにカイヨワの「遊び」論に関心が深く、大衆文化、関西文化、日本人論などについて数多くの評論を書き、現代風俗研究会の第二代会長を務めた。

ただ-みちたろう 1924-2007昭和後期-平成時代のフランス文学者,評論家。大正13年12月2日生まれ。昭和51年京大教授,63年明治学院大教授,平成2年武庫川女子大教授。11年「変身放火論」で伊藤整文学賞。日常の風俗や雑事から日本文化をとらえる評論で知られた。平成19年12月2日死去。83歳。京都出身。京大卒。著作に「ルソー研究」(共同研究),「複製芸術論」「しぐさの日本文化」など。 (引用元 コトバンク)