芸能人・経営者のおくやみ情報

圓鍔勝三 氏(えんつばかつぞう)

彫刻家[日本]

2003年 10月31日 死去鬱血性心不全享年99歳

圓鍔勝三 - ウィキペディアより引用

圓鍔 勝三(えんつば かつぞう、1905年11月30日 - 2003年10月31日)は、広島県出身の彫刻家。
文化功労者、文化勲章受章、広島県名誉県民、尾道市名誉市民。
来歴・人物 広島県御調郡河内村(現・尾道市御調町)出身。
本名は勝二。
河内尋常高等小学校高等科を卒業後、京都の彫刻師・石割秀光の内弟子になる。
京都市立商工専修学校、関西美術院で彫塑を学ぶ。
しかし、単なる職人で終わることを嫌い上京し日本美術学校彫刻科へ入学。
同校在学中の1930年、第11回帝展に「星陽」を出品し初入選。
日本美術学校を卒業後、彫刻家の澤田政廣に師事。
1932年、母が娘に紅を差す何気ない日常の一瞬を描写した「初夏」を第3回文展に出品し特選。
戦後、圓鍔の彫刻は高い評価を受ける。
1946年、第2回日展で「砂浜」が特選。
1947年、第3回日展で「しろうさぎ」が特選。
1950年、第6回日展で「土器を持つ女」が特選。
1950年、多摩美術学校(多摩美術短期大学)教授に就任。
1951年、日展審査委員に就任。
1953年、多摩美術大学彫刻科教授に就任(その後、同大学彫刻科名誉教授の称号を得る)。

  • 題名
    円鍔勝三作品集 (1968年)
    著者
    円鍔勝三
    発売元
    円鍔勝三
    ページ数
    発売日
    1968-11
    新品価格
    中古商品
    ¥ 47,980 より
  • 題名
    円鍔勝三彫刻展 (1976年)
    著者
    円鍔勝三
    発売元
    円鍔勝三
    ページ数
    発売日
    1976
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    円鍔勝三彫刻展 (1980年)
    著者
    円鍔勝三
    発売元
    岡山高島屋企画宣伝部
    ページ数
    発売日
    1980
    新品価格
    中古商品
    ¥ 2,940 より
  • 題名
    円鍔勝三彫刻集 (1983年)
    著者
    円鍔勝三
    発売元
    実業之日本社
    ページ数
    248ページ
    発売日
    1983-10
    新品価格
    中古商品
    ¥ 9,072 より

えんつばかつぞう [生]1905.11.30.広島[没]2003.10.31.神奈川彫刻家。本名は勝二。1932年日本美術学校彫刻科卒業。石割秀光,澤田政廣に師事して木彫を学び,在学中に『星陽』で帝展初入選を果たす。その後も1939年『初夏』で新文展特選をはじめ,日展で4回特選に入るなど,詩情あふれる独特の作風で活発な創作活動を展開した。木以外の金属や陶器などにも広く素材を求め,浪漫的,象徴的な作風で新たな美を追求した。『故根津嘉一郎像』『伊能忠敬測地遺功表』『鈴木三重吉記念碑』『躍進』など各地でモニュメントを制作したことでも知られる。1947年日本彫刻家連盟の創設に参画。1965年『旅情』が日展で文部大臣賞,翌1966年に日本芸術院賞を受賞。1970年日本美術院会員。1982年文化功労者。1988年文化勲章を受章。 (引用元 コトバンク)