芸能人・経営者のおくやみ情報

古賀政男 氏(こがまさお)

作曲家[日本]

1978年 7月25日 死去享年75歳

古賀政男 - ウィキペディアより引用

古賀 政男(こが まさお、1904年11月18日 - 1978年7月25日)は、昭和期の代表的作曲家であり、ギタリスト。
国民栄誉賞受賞者。
栄典は従四位・勲三等・瑞宝章・紫綬褒章。
明治大学(旧制)商学部卒業。
本名、古賀正夫。
少年時代に弦楽器に目覚め、青年期はマンドリン・ギターのクラシック音楽を研鑽しつつ、大正琴を愛した。
その後は、プレクトラム音楽家・「古賀正男」から流行歌王・「古賀政男」になり、国民的な作曲家としての地位を確立し多くの流行歌をヒットさせた。
東京音楽学校(現東京芸術大学音楽部)首席卒業のクラシックの正統派・藤山一郎から、歌謡界の女王・美空ひばりまで、その作品は5000曲とも言われ、「古賀メロディー」として親しまれている。
生涯 幼少期 1904年(明治37年)に福岡県三潴郡田口村(現・大川市)に生まれる。
近くには水の都柳川があり、その風景は後年の『誰か故郷を想わざる』のモチーフになった。
7歳で父が死亡、田口村を離れ、朝鮮に渡り感情起伏の激しい少年時代をすごした。
故郷喪失の悲しみは「人生の並木路」のモチーフとなったが、最初は仁川に、その後京城で暮らした。

こがまさお [生]1904.11.18.福岡,大川[没]1978.7.25.東京作曲家。1926年明治大学入学,マンドリン倶楽部に入る。28年同倶楽部の演奏会に特別出演した流行歌手の佐藤千夜子が,処女作『影を慕いて』をうたい,翌29年古賀の卒業後に佐藤によって録音された。30年日本コロムビア・レコードの専属作曲家として入社。以後『酒は涙か溜息か』『丘を越えて』などのヒット曲を生み出し,中山晋平のヨナ抜き節を受継ぎながら哀愁を加味した作風は「古賀メロディー」として親しまれた。代表作はほかに『湯の町エレジー』『悲しい酒』など。また日本作曲家協会を設立して初代会長をつとめ,日本レコード大賞を創設,日本音楽著作権協会会長もつとめるなど,日本歌謡界に貢献。没後,国民栄誉賞,および明治大学より名誉博士号が贈られた。 (引用元 コトバンク)