芸能人・経営者のおくやみ情報

フェルディナンド・マルコス 氏

政治家大統領[フィリピン]

1989年 9月28日 死去享年72歳

フェルディナンド・マルコス - ウィキペディアより引用

フェルディナンド・エドラリン・マルコス(Ferdinand Edralin Marcos、1917年9月11日 - 1989年9月28日)はフィリピン共和国の政治家で独裁者。
第10代大統領。
20年間にわたって権力を握ったが、1986年の人民革命(エドゥサ革命)によって打倒された。
プロフィール 学生時代 アメリカ合衆国の植民地支配下のフィリピンで生まれた。
父親は弁護士にしてイロコス・ノルテ州選出国会議員、母親は教師であった。
4人兄弟の2番目で彼の祖先は日本人、フィリピン人、中国人の混血とされる。
1937年、フィリピン大学法学部の学生だったとき、父親と政治的に対立していた下院議員暗殺事件の容疑で起訴され、同年11月に有罪判決を受けた。
マニュエル・ケソン大統領により恩赦を受けるが、これを拒否し刑務所にて裁判の準備と司法試験の勉強をして過ごした(後に司法試験はトップで合格する)。
翌年、最高裁判所判決にて無罪となる。
戦時中 1941年12月8日に日米間で開戦した後、1942年1月に日本軍はアメリカの植民地であるフィリピンに進軍した、この際マルコスはアメリカの支援を受けた「フィリピン自治領軍」第21歩兵師団の戦闘情報局員として従軍し日本軍と対峙したとされている。

Ferdinand Edralin Marcos 1917年9月11日〜1989年9月28日 フィリピン共和国第10代大統領。軍人出身。独裁者として約20年間権力を握ったが、1986年の人民革命(エドゥサ革命)によって打倒されアメリカのハワイに亡命した。 (引用元 Hatena Keyword)