芸能人・経営者のおくやみ情報

モイズ・キスリング 氏Moïse Kisling

画家[ポーランド→フランス]

1953年 4月29日 死去享年63歳

モイズ・キスリング(Moïse Kisling、1891年1月22日 - 1953年4月29日)は、エコール・ド・パリ(パリ派)のポーランド人画家。
キスリングは、20代後半には画家として成功し、パリ派の陽気で面倒見の良いリーダーだった。
「モンパルナスの帝王」とも呼ばれた。
自殺したパスキン、アルコール中毒のモディリアーニ、ユトリロなど破滅型のイメージの強いエコール・ド・パリの画家たちの中では珍しく幸福な生涯を送った画家である。
スイス・ジュネーヴのプティ・パレ美術館に、世界最大のコレクションがある。
生涯 1891年1月22日、ポーランドのクラクフにユダヤ人として生まれる。
地元クラクフの美術学校で、印象派の影響を受けたユゼフ・パンキエヴィッチに師事する。
1910年、19歳でパリに出て、モンマルトルで画家として本格的に絵を描き始める。
1912年、ピカソ、ブラックらの活動拠点モンマルトルのバトー・ラヴォワール(洗濯船)に移り住む。
同年、サロン・ドートンヌとアンデパンダン展に出品。
1919年、ギャルリー・ドリュエにて個展を開催。

「モイズ・キスリング」と関連する人物(故人)