芸能人・経営者のおくやみ情報

山花貞夫 氏(やまはなさだお)

政治家[日本]

1999年 7月14日 死去急性心不全享年64歳

山花 貞夫(やまはな さだお、1936年2月26日 - 1999年7月14日)は、日本の政治家、弁護士。
衆議院議員(8期)、日本社会党委員長(第12代)、日本社会党書記長(第12代)、国務大臣(細川内閣)等を歴任。
父は日本社会党副委員長や衆議院議員、参議院議員を務めた山花秀雄。
息子は前衆議院議員の山花郁夫。
来歴・人物 東京都出身。
早稲田中学校・高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。
22歳で司法試験に合格し、司法修習第13期を修了。
司法修習の同期には堀田力、横山昭二、一井淳治らがいる。
1961年に弁護士登録し、日本労働組合総評議会(総評)弁護団に加わっていた。
1976年、第34回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で旧東京都第11区から出馬し、初当選を果たした。
1978年、飛鳥田一雄委員長就任に伴い、委員長指名の中央執行委員に就任。
1983年、馬場昇書記長の更迭に伴う役員改選により、党広報局長に就任。
同年8月の石橋政嗣委員長就任まで務める。
1986年、土井たか子執行部で副書記長に就任し、1991年の田邊誠委員長就任に伴い、党書記長に昇格する。

やまはなさだお [生]1936.2.26.東京[没]1999.7.14.東京政治家。元社会党副委員長山花秀雄の息子。1958年中央大学法学部卒業。弁護士を開業して日本社会党弁護団,総評弁護団に所属。主として労働・公安事件を手掛ける。1972年総選挙に父の後継者として出馬したが落選,次の76年総選挙で初当選し以来当選8回。初当選直後に最年少の党中央執行委員に起用され,その後党広報局長,副書記長,国会対策副委員長などを歴任。91年田辺誠委員長のもとで党書記長に就任。田辺氏の突然の辞任を受けて93年党委員長になった。93年宣言の起草などで党改革に取組み,細川連立内閣では政治改革担当相に就任。だが93年選挙での大敗北(前回議席の半減)の責任をとって委員長を辞任した。95年に社会党を離党,民主党の結成にたずさわり96年総選挙では民主党より出馬し当選した。 (引用元 コトバンク)