芸能人・経営者のおくやみ情報

シュリ・プリュドムSully Prudhomme

詩人[フランス]

1907年 9月6日 死去享年69歳

シュリ・プリュドム - ウィキペディアより引用

シュリ・プリュドム(Sully Prudhomme, 1839年3月16日 - 1907年9月6日)は、フランスの詩人。
本名はルネ・アルマン・フランソワ・プリュドム(René Armand François Prudhomme)。
パリに生まれ、シャトネ=マラブリーで没した。
1881年にアカデミー・フランセーズの会員24に選ばれた。
1901年に第1回のノーベル文学賞を受賞。
人物・生涯 商人の息子としてパリに生まれた。
技師を志してリセ・ボナパルトで学んだが、眼炎を患って退学した。
ソーヌ=エ=ロワール県クルーゾのシュナイダー工場で働いたのち、法学に転向して公証人のもとで働いた。
メンバーであった学生サークル「Conférence La Bruyère」の中で、彼の最初の詩が好意的に受け止められ、文学デビューのきっかけとなった。
最初の詩集『詩賦集』(1865年)はサント=ブーヴに称賛され、詩人としてのキャリアが始まった。
この詩集には、彼のもっとも有名な詩「壊れた花瓶」(Le Vase brisé)が含まれ、失恋で壊れた心の優美な隠喩を見せる。

SullyPrudhomme [生]1839.3.16.パリ[没]1907.9.6.シャトネーフランスの詩人。René-François-ArmandPrudhommeともいう。初めエンジニア,次いで法律家を目指したが,のち詩作に専念,1865年に最初の詩集『スタンスと詩』Stancesetpoèmesを発表し,一躍名声を博した。高踏派の詩集『現代高踏詩集』LeParnassecontemporain(1866)にも参加したが,徐々に哲学詩の傾向を強め,詩集『運命』LesDestins(72),『正義』LaJustice(78),『幸福』LeBonheur(88)などを発表して,孤独な精神の苦悩を伝え,進歩する近代世界における良心の問題を追求した。評論に『パスカルにおける真の宗教』LaVraieReligionselonPascal(1905)などがある。1901年ノーベル文学賞受賞。 (引用元 コトバンク)