芸能人・経営者のおくやみ情報

田中英光(たなかひでみつ)

作家[日本]

1949年 11月3日 死去自殺享年37歳

田中 英光(たなか ひでみつ、1913年(大正2年)1月10日 - 1949年(昭和24年)11月3日)は、日本の作家。
無頼派として知られる。
「出方名 英光(でかたな ひでみつ)」という筆名もある。
名前の英光を「えいこう」と音読みされる場合もある。
息子は作家の田中光二。
生い立ち、ロサンゼルスオリンピックに出場 高知県出身の歴史家岩崎鏡川(英重)の息子として東京府東京市赤坂区榎坂町(現・東京都港区赤坂)に生まれ、岩崎家から母の実家田中家に入籍。
鎌倉市に育つ。
神奈川県立湘南中学(現神奈川県立湘南高等学校)、早稲田高等学院卒業。
早稲田大学政治経済学部在学中の1932年(昭和7年)、ロサンゼルスオリンピックに漕艇選手としてエイト種目に出場した(予選敗退)。
1935年(昭和10年)3月、早稲田大学を卒業。
横浜護謨製造株式会社(現・横浜ゴム)に就職。
京城出張所勤務となる。
太宰治との出会い 就職した年に同人雑誌『非望』(1935年3月~6月、第6号で廃刊)の同人となる。

作家。(1913-1949) 東京市赤坂区榎坂町生まれ。早稲田大学在学中、第10回オリンピックにボートの日本代表として参加。その時に『オリンポスの果実』に登場する「熊本秋子」のモデルとなった走り高跳び選手の相良八重と知り合う。 在学中に友人たちと始めた同人誌「非望」に『急行列車』、『空吹く風』を発表。『空吹く風』は太宰治に好意的に批評される。1940(昭和15)年、「文学界」に『オリンポスの果実』を発表。1948(昭和23)年5月、「芸術」に『地下室から』を発表するが、翌月の太宰治自殺に大きな衝撃を受け、睡眠薬に溺れていく。1949(昭和24)年11月3日、三鷹禅林寺の太宰治の墓前で自殺。享年36。翌月遺稿集『さよなら』、『酔いどれ船』が刊行された。 息子は田中光二。 (引用元 Hatena Keyword)

「田中英光」と関連する人物(故人)