芸能人・経営者のおくやみ情報

パウル・ヘルマン・ミュラー 氏Paul Hermann Müller

化学者[スイス]

1965年 10月12日 死去享年67歳

パウル・ヘルマン・ミュラー - ウィキペディアより引用

パウル・ヘルマン・ミュラー(Paul Hermann Müller、1899年1月12日 - 1965年10月12日)はスイスの化学者。
1948年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
ノーベル賞受賞理由である節足動物に対するDDTの毒作用の発見で知られる。

スイス北部のゾロトゥルン州オルテンで生まれる。
父親は国鉄の管理職だった。
1916年から製薬業の中心都市であるバーゼルの化学工業研究所で実験技師として勤務する。
1918年、高等学校に入学、1919年に卒業後、1920年にはバーゼル大学に入学し、1925年、「不斉メタキシリジンと誘導体の化学的、電気化学的酸化の研究」により博士号を取得、卒業する。
1925年からはガイギー社(現ノバルティス)の染料研究所において皮なめしに使う薬品の研究を始める。