芸能人・経営者のおくやみ情報

オーウェン・チェンバレン 氏Owen Chamberlain

物理学者[アメリカ]

2006年 2月28日 死去享年87歳

オーウェン・チェンバレン - ウィキペディアより引用

オーウェン・チェンバレン(Owen Chamberlain, 1920年7月10日 - 2006年2月28日)は、アメリカの物理学者。
「反陽子の発見」により、共同研究者であったセグレとともに1959年のノーベル物理学賞を受賞した。
チェンバレンはサンフランシスコに生まれ、ダートマス大学(1941年に学位を得た)とカリフォルニア大学バークレー校で第二次世界大戦の勃発まで物理学を学んだ。
彼は1942年にマンハッタン計画に加わり、セグレとともにバークレーとロスアラモス国立研究所で研究を行った。
彼は1943年にベアトリス・バベッテ・カッパー(Beatrice Babette Copper)と結婚し、4人の子供をもうけた。
戦争が終わった後の1946年、チェンバレンはシカゴ大学にいた伝説的な物理学者、フェルミのもとで博士号を得るための研究を続けた。
フェルミは、チェンバレンが稀有な才能を持っていた実験物理学のために理論物理学を後回しにするよう勧め、彼の師として重要な役目を演じた。