芸能人・経営者のおくやみ情報

ピウス5世Pius V

ローマ教皇[イタリア]

(ユリウス暦) 1572年 5月1日 死去享年69歳

ピウス5世 - ウィキペディアより引用

『ピウス5世 (ローマ教皇)』より : ピウス5世(Pius V、1504年1月17日 - 1572年5月1日)はローマ教皇(在位:1566年 - 1572年)。
本名アントニオ・ギスリエーリ(Antonio Ghislieri)。
異端審問の世界で活躍した後、教皇として異端とプロテスタントとへの対抗に力に入れ、カトリック改革を推進した。
カトリック教会の聖人。
生涯 アントニオ・ギスリエーリはミラノに近いボスコ村(現在のボスコ・マレンゴ)生まれた。
14歳にしてドミニコ会に入会し、ヴォゲーラ、ヴィジェーヴァノ、ボローニャなど各地の修道院で過ごした。
1528年にジェノヴァで司祭に叙階されるとパヴィーアに移り、16年間そこで教鞭をとった。
彼はそこで教皇の権威の意味を再確認し、異端を弾劾する13か条の提言をまとめる中で自らの思想を明らかにしていった。
院長としてアントニオは規律ある人物として有名であったが、自ら望んでコモの異端審問所へ赴いた。
そこでの熱心な活動によって周囲の反発を招いたため、1550年にはローマへ戻り、異端審問の仕事に関わったあとで、教皇庁の食料管理の仕事についた。

ピウスごせいPiusV [生]1504.1.17.ミラノ[没]1572.5.1.ローマ教皇(在位1566~72),聖人。本名AntonioMicheleGhislieri。14歳でドミニコ会に入会。1556年ネピおよびストリの司教,57年枢機卿。トリエント公会議(1545~63)の法令実行の一環として,66年『ローマ公教要理』,68年『ローマ聖務日課』,70年『ミサ典書新版』を公にした。世俗勢力に対しては,71年レパントの海戦でトルコを破るなど教権の再興に成果をあげたが,反面70年のイギリス女王エリザベス1世に対する破門,退位勧告は,実効をあげえぬばかりか諸国王を離反させる結果を生んだ。祝日5月5日。 (引用元 コトバンク)