芸能人・経営者のおくやみ情報

嶋田繁太郎 氏(しまだしげたろう)

海軍大将、政治家[日本]

1976年 6月7日 死去享年94歳

嶋田繁太郎 - ウィキペディアより引用

嶋田 繁太郎(しまだ しげたろう、1883年(明治16年)9月24日 - 1976年(昭和51年)6月7日)は、日本の海軍軍人、政治家。
海兵32期。
最終階級は海軍大将。
第47代海軍大臣。
第17代軍令部総長。
A級戦犯として終身刑。
1883年(明治16年)9月24日東京府に旧幕臣で神官の嶋田命周の長男として生まれる。
実家が神官の家系であることから敬神家であり、毎朝の神社参拝を日課とし、日々の職務を規則正しくこなす、他の軍人に見られるような我の強さが無い、酒も飲まない、政財界との付き合いも一切無い、といった質素で非常に生真面目な人柄だったとも言われる。
東京中学を経て、1904年(明治37年)海軍兵学校32期を191人中27番の成績で卒業。
同期に山本五十六・吉田善吾・塩沢幸一・堀悌吉らがいる。
日露戦争に出征し、日本海海戦では防護巡洋艦「和泉」に乗り組んで偵察活動に従事する。
1910年(明治43年)年、海軍大学校乙種に進み、1915年(大正4年)に海大甲種13期を卒業し少佐に昇進。

しまだしげたろう [生]1883.9.24.東京[没]1976.6.7.東京海軍軍人。1904年海軍兵学校,15年海軍大学校卒業。16~23年イタリアに大使館付き武官として滞在。連合艦隊参謀長,軍令部次長などを歴任後,40年支那方面艦隊長官,大将に昇進。41年横須賀鎮守府長官になってまもなく,東条英機内閣が成立,海相となる。44年には軍令部総長を兼任したが,東条内閣が倒れると,1ヵ月後に軍令部総長も辞任した。第2次世界大戦後,東京裁判でA級戦犯として終身刑の判決を受けたが,55年仮出所,58年赦免。 (引用元 コトバンク)