芸能人・経営者のおくやみ情報

ピウス6世Pius VI

ローマ教皇[イタリア]

1799年 8月29日 死去享年83歳

ピウス6世 - ウィキペディアより引用

『ピウス6世 (ローマ教皇)』より : ピウス6世(Pius VI、1717年12月25日 - 1799年8月29日)は、ローマ教皇(在位:1775年2月15日 - 1799年8月29日)。
本名はジョヴァンニ・アンジェロ・ブラスキ(Giovanni Angelo Braschi)。
在位は24年と長かったが、フランス革命とそれに続いて起きたフランス軍の教皇領占領によってローマを追われ、失意のうちに亡くなった。
生涯 チェゼーナの貴族の家に生まれ、法学の学位を持っていたブラスキは、はじめルッフォ枢機卿の秘書として働いていた。
そこでナポリ王国の宮廷との折衝に活躍したことで、教皇ベネディクトゥス14世の目に止まった。
ベネディクトゥス14世の秘書として、さらにサン・ピエトロ大聖堂の聖堂参事会員に任命されたことを皮切りに、クレメンス13世、クレメンス14世と3代の教皇に仕え、順調な栄進を遂げながら1773年に枢機卿に任命された。

ピウスろくせいPiusVI [生]1717.12.25.チェゼナー[没]1799.8.29.バランス教皇(在位1775~99)。本名GiovanniAngelico。1773年枢機卿。修道会は啓蒙主義的反対勢力に攻撃され,カトリックの諸国王は国教会運動にはしり,彼の教皇在位期は苦難の時期であった。93年反フランス諸国と同盟を結んだが,96年ナポレオン軍の進攻を呼び,97年のトレンティノ和約で多くの教皇領を失った。98年再度フランス軍は侵入,教皇も捕えられ,捕囚の身で没した。 (引用元 コトバンク)