芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ5世George V

イギリス国王[イギリス]

1936年 1月20日 死去享年72歳

ジョージ5世 - ウィキペディアより引用

『ジョージ5世 (イギリス王)』より : ジョージ5世(George V, George Frederick Ernest Albert, 1865年6月3日 – 1936年1月20日)は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国(イギリス)ならびに海外自治領(the British Dominions beyond the Sea)の国王(1927年からはグレートブリテン、アイルランドならびに海外自治領の国王)、インド皇帝(在位:1910年5月6日 – 1936年1月20日)。
ウィンザー朝の初代君主。
生涯 出生 当時プリンス・オブ・ウェールズだったアルバート・エドワード(後のエドワード7世)とアレクサンドラ王太子妃の次男として生まれる。
1865年7月7日、ウィンザー城のプライベートチャペルで洗礼を施される。
代父母にはハノーファー国王ゲオルク5世、デンマーク王妃ルイーゼ並びにフレゼリク王太子、ライニンゲン公エルンスト・レオポルド、ザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト2世、ケンブリッジ公ジョージ、オーガスタ・オブ・ヘッセ=カッセル、ヘッセン大公妃アリスがいる。

ジョージごせいGeorgeV [生]1865.6.3.ロンドン[没]1936.1.20.サンドリンガムウィンザー朝のイギリス王(在位1910~36),インド皇帝。エドワード7世の二男。1892年兄アルバートの死により,父に次いで第2位の王位継承者となり,1901年父が王位を継いだあとプリンス・オブ・ウェールズに叙された。1910年即位。1911年議会法成立に寄与。第1次世界大戦中の1917年,あらゆるドイツ系爵位称号を放棄し,家名をサックス=コーバーグ=ゴーサ家(→ハノーバー朝)からウィンザー家に変更した。1921年にはアイルランド自由国の承認に寄与するなど,近代史上成功した立憲君主の一人といわれる。 (引用元 コトバンク)