芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤九祚 氏(かとうきゅうぞう)

人類学者・アジア文化史[日本]

2016年 9月11日 死去享年95歳

加藤 九祚(かとう きゅうぞう、1922年5月18日 - )は、日本の人類学者。
アジア文化史。
創価大学、国立民族学博物館名誉教授。
朝鮮慶尚北道生まれ、山口県に育つ。
鉄工所工員・小学校代用教員を経て、上智大学予科入学。
1944年に応召し、満洲へ出征。
1945年敗戦により、ソ連軍に捕らえられ、シベリア抑留。
1950年帰国、1953年に上智大学文学部独文科卒業、平凡社入社。
ユーラシア大陸の考古学等の研究・翻訳紹介を始め、1963年、最初の著作『シベリアの歴史』を刊行。
1975年、国立民族学博物館教授。
1976年、ロシアの日本学者ニコライ・ネフスキーの評伝『天の蛇』で大佛次郎賞受賞。
1983年、「北東アジア民族学史の研究」で大阪大学学術博士。
1986年、民博退官後、相愛大学教授、創価大学教授。
1991年、大阪市民表彰。
1992年、ロシア科学アカデミー名誉歴史学博士。
1994年、大同生命地域研究賞受賞。
1999年、南方熊楠賞受賞。
2009年、個人雑誌『アイハヌム』でパピルス賞受賞。

考古学者。国立民族学博物館名誉教授。 1922年5月18日、朝鮮慶尚北道生まれ。 山口県宇部市立上宇部小学校、私立長門工業学校を卒業後、宇部鉄工所工員、小学校代用教員、高等学校入学者検定試験を経て、1943年、上智大学予科を仮卒業。 1944年1月、工兵第2連隊(仙台)に入隊、陸軍工兵学校を経て、関東軍混成第101連隊、第1方面軍139師団工兵大隊に所属。陸軍工兵少尉。 1945年、ソ連軍の捕虜となりシベリア抑留を経験。 1950年、帰国。 1953年、上智大学文学部ドイツ文学科卒業後、平凡社に入社。 1972年、上智大学外国語学部非常勤講師。 1975年、国立民族学博物館教授。定年後相愛大学教授を経て創価大学文学部人文学部教授・特任教授。専攻はシベリア・中央アジアの文化史。 1998年以降、ウズベキスタン科学アカデミー考古学研究所と共同で、テルメズ郊外カラテパでクシャン時代の仏教遺跡の発掘を開始。 2002年秋には出土品を東京・奈良・福岡で展示。個人雑誌「アイハヌム」を東海大学出版会から刊行。 2016年9月11日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「加藤九祚」と関連する人物(故人)