芸能人・経営者のおくやみ情報

むのたけじ 氏

ジャーナリスト[日本]

2016年 8月21日 死去老衰享年102歳

むのたけじ(武野 武治、1915年1月2日 - )は、日本のジャーナリスト。
埼玉県さいたま市在住。
秋田県仙北郡六郷町(現美郷町)の小作農民の家に生まれる。
旧制県立横手中学校(秋田県立横手高等学校の前身)から東京外国語学校スペイン語科卒業。
報知新聞記者を経て、1940年(昭和15年)朝日新聞社に入社、中国、東南アジア特派員となるが、敗戦を機に、1945年(昭和20年)8月15日、太平洋戦争の戦意高揚に関与した責任をとり退社した。
戦前・戦中期には近衛文麿、東条英機、鈴木貫太郎ら政権中枢の政治家・軍人、また、画家の藤田嗣治、小説家の火野葦平らにインタビューした経験があるという。
1948年(昭和23年)元旦、妻子4人を連れて秋田県横手市に帰郷、2月にはタブロイド版の週刊新聞「たいまつ」を創刊、反戦の立場から言論活動を続けた。
以後「休刊」の1978年(昭和53年)の780号まで出し続けた。
1955年(昭和30年)の第27回衆議院議員総選挙には秋田2区から無所属で立候補したが落選している。

ジャーナリスト。本名、武野武治。 1915年、秋田県六郷町に生まれる。 東京外国語学校スペイン語科卒業。報知新聞社を経て朝日新聞社に入社するが、1945年8月15日の敗戦の日に、新聞人としての戦争責任をとる形で退社。 1948年、郷里の横手市でタブロイド版の週刊新聞「たいまつ」を創刊し、1978年に休刊するまで、主幹として新聞の在るべき姿を求め続けた。 その後も、著述や講演を通してジャーナリスト活動を続け、2003年12月に、湯沢市の市民団体と「むのたけじ平和塾」を開講。2001年、第12回農民文化賞受賞。 2016年8月21日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)