芸能人・経営者のおくやみ情報

ジュリアン・グラック 氏Julien Gracq

作家[フランス]

2007年 12月22日 死去享年98歳

ジュリアン・グラック - ウィキペディアより引用

ジュリアン・グラック(Julien Gracq、本名:ルイ・ポワリエ、1910年7月27日 - 2007年12月22日)は、フランスの作家。
長く高校教師を務めつつ創作を続け、小説と批評、そしていくつかの詩を著した。
アンドレ・ブルトンのシュルレアリズムとドイツ・ロマン主義のノヴァーリスやフリードリヒ・ヘルダーリンの深い影響を受け、幻想的な作風は彼が偏愛を公言したドイツのエルンスト・ユンガーに近いとも言われた。
1951年のゴンクール賞に選定されたが、受賞を拒否した。
2007年12月22日、アンジェにて97歳で死去した。
作品 『アルゴールの城にて』 - "Au château d'Argol"(小説、1938) 『陰鬱な美青年』 - "Un beau ténébreux"(小説、1945) 『大いなる自由』 - "Liberté grande"(散文詩集、1946) 『アンドレ・ブルトン、作家の諸相』 - "André Breton, quelques aspects de l'écrivain"(エッセー、1948) 『漁夫王』 - "Le Roi pêcheur"(戯曲、1948) 『胃袋の文学』 - "La littérature à l'estomac "(パンフレット、1950) 『シルトの岸辺』- "Le Rivage des Syrtes"(小説、1951) 『森のバルコニー』 - "Un balcon en forêt"(小説、1958) 『偏愛の文学』 - "Préférences"(エッセー、1961) 『花文字』 - "Lettrines"(批評、1967) 『半島』 - "La presque d'île"(小説、1970) 『花文字2』 - "Lettrines 2"(批評、1974) 『狭い水路』 - "Les Eaux étroites"(エッセー、1976) 『読みながら書きながら』 - "En lisant en écrivant"(エッセー、1980) 『ひとつの町のかたち』 - "La Forme d'une ville"(エッセー、1985) 『七つの丘のまわりで』 - "Autour des sept collines"(エッセー、1988) 『街道日誌』 - "Carnets du grand chemin"(エッセー、1992) 『インタヴュー』 - "Entretiens"(インタヴュー、2002) 脚注 参考文献 関連資料 森川龍志 「ジュリアン・グラック『シルトの岸辺』の地理学」 - 『神話・象徴・文化』(吉田 ……

 Julien Gracq 1910-2007  フランスの小説家。本名ルイ・ポワリエ。青年期にアンドレ・ブルトンをはじめとするシュルレアリストたちと親交を結ぶ。戦後はパリの高校などで地歴の教師として勤務するかたわら創作活動を行う。  1951年『シルトの岸辺』に対しゴンクール賞を与えられるが、受賞を拒否する。以後も文壇と隔絶して過ごす。   主な作品  『アルゴールの城にて』1938 ISBN:4560070792 安藤元雄訳 『陰鬱な美青年』1945 小佐井伸二訳 『大いなる自由』1946 ISBN:4783728046 天沢退二郎訳 『漁夫王』1948 『アンドレ・ブルトン 作家の諸相』1948 ISBN:4409140469 永井敦子訳 『シルトの岸辺』1951 ISBN:4480038779 安藤元雄訳 『異国の女にささげる散文』1952 ISBN:4783728461 天沢退二郎訳(日仏対訳版) 『森のバルコニー』1958 中島昭和訳(『狭い水路』併収) 『偏愛の文学』1961 中島昭和訳 『花文字』1967 『半島』1970 中島昭和・中島公子訳(『街道』『コフェチュア王』併収) 『花文字II』1974 『読みながら書きながら』1980  『ひとつの町のかたち』1985 ISBN:4902854015 永井敦子訳 『七つの丘のまわりで』1988 『街道日誌』1992 『対談集』2002 (引用元 Hatena Keyword)

「ジュリアン・グラック」と関連する人物(故人)