芸能人・経営者のおくやみ情報

林鵞峰(はやしがほう)

儒学者[日本]

(延宝8年5月5日没)

1680年 6月1日 死去享年63歳

林 鵞峰(はやし がほう、元和4年5月29日(1618年7月21日) - 延宝8年5月5日(1680年6月1日))は、江戸時代前期の儒者。
林羅山の三男。
名は又三郎・春勝・恕。
字は子和・之道。
号は春斎・鵞峰・向陽軒など。
人物・略歴 京都出身。
那波活所(なわかっしょ)に師事し、その後父羅山同様江戸に赴き江戸幕府に仕えた。
父羅山の死去後の明暦3年(1657年)林家を継ぎ、幕政に参与した。
寛文3年(1663年)、4代将軍徳川家綱に五経を講義して弘文院学士号を与えられ、訴訟関係・幕府外交の機密にあずかった。
日本史に通じ、父羅山とともに『日本王代一覧』、『本朝通鑑』(『本朝編年録』)、『寛永諸家系図伝』など、幕府の初期における編纂事業を主導し、近世の歴史学に大きな影響を与えた。
鵞峰が整えた林家学塾の組織は、その後の昌平坂学問所の基礎となった。
多方面な関心をいだいて博学広才ぶりを発揮した父羅山にくらべ、鵞峯は、『本朝通鑑』や『日本王代一覧』などにおいて「日本」の国柄がどのようなものであったかを追究し、幕府政治の正統性や妥当性がどうあればいいかについて、その支配イデオロギー形成の端緒を開いたとも評される。

はやしがほう [生]元和4(1618).5.29.京都[没]延宝8(1680).2.28.江戸江戸時代前期の儒学者。林羅山の第3子。名は恕,春勝。字は子和,改字は之道。春斎と称した。鵞峰は18あまりある号のうちの一つ。文穆と私諡。幼時父羅山の江戸移住に際し母とともに京にとどまり,文詞を那波活所,書を松永貞徳に学んだ。17歳で江戸に移り,江戸幕府儒官,のち林家第2代として治部卿法印,弘文院学士となり,『寛永諸家系図伝』(1643),『本朝通鑑』(70)の編集に寄与。『鵞峰文集』(120巻)ほか著書多数。 (引用元 コトバンク)