芸能人・経営者のおくやみ情報

佐伯祐三

画家[日本]

1928年 8月16日 死去結核享年30歳

佐伯祐三 - ウィキペディアより引用

佐伯 祐三(さえき ゆうぞう、1898年4月28日 - 1928年8月16日)は、大正~昭和初期の洋画家である。
大阪府大阪市出身。
佐伯は画家としての短い活動期間の大部分をパリで過ごし、フランスで客死した。
佐伯の作品はパリの街角、店先などを独特の荒々しいタッチで描いたものが多い。
佐伯の風景画にはモチーフとして文字の登場するものが多く、街角のポスター、看板等の文字を造形要素の一部として取り入れている点が特色である。
作品の大半は都市風景だが、人物画、静物画等もある。
佐伯は1898年(明治31年)、大阪府西成郡中津村(現大阪市北区中津二丁目)にある光徳寺の男4人女3人の兄弟の次男として生まれた。
1917年(大正6年)東京の小石川(現・文京区)にあった川端画学校に入り、藤島武二に師事する。
旧制北野中学(現・大阪府立北野高等学校)を卒業した後、1918年(大正7年)には、東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科に入学し、引き続き藤島武二に師事、1923年(大正12年)に同校を卒業した。

さえきゆうぞう [生]1898.4.28.大阪,中津[没]1928.8.16.フランス,パリ近郊ヌイイシュルマルヌ洋画家。大阪府中津村の光徳寺住職の二男に生まれる。中学校時代より油絵を赤松麟作に学び,1917年川端画学校で藤島武二に師事。1918年東京美術学校に入学。卒業後の1923年フランスに渡り,翌1924年モーリス・ド・ブラマンクに師事。1925年サロン・ドートンヌに『靴屋(コルドヌリ)』を出品し入選。翌1926年帰国し,前田寛治らと一九三〇年協会を結成し,第1回展に滞欧作11点を出品。また,二科展(→二科会)に滞仏作品19点を特別出品,二科賞を受賞した。1927年妻子とともに再び渡仏。主としてパリの街をモチーフに激情的な,しかしときに孤独な情感を鋭い奔放な筆致で描いた。晩年,表現主義的傾向はますます先鋭になったが,病を得てパリ郊外で夭折。主要作品『レ・ジュ・ド・ノエル』(1925),『人形』(1925頃),『雪景色』(1927),『ガス灯と広告』(1927),『モランの寺』(1928),『郵便配達夫』(1928)。 (引用元 コトバンク)