芸能人・経営者のおくやみ情報

クリスチャン・マルカン 氏Christian Marquand

俳優映画監督[フランス]

2000年 11月27日 死去享年74歳

クリスチャン・マルカン(Christian Marquand、1927年3月15日 - 2000年11月27日)は、フランスの俳優、映画監督である。
プロフィール マルセイユ生まれ。
父はスペイン人、母はアラブ人。
17歳の頃、俳優を志しパリへ出てヴィユ・コロンビエ座で演技を学ぶ。
その後、ジャン・コクトーの知遇を得て、端役として1945年の映画『美女と野獣』でデビュー。
1952年の『ボルジア家の毒薬』あたりから注目され始め、以降は野生と知性のミックスされた男優スターとして活躍した。
1962年には『太陽は傷だらけ』で監督にも進出、また『史上最大の作戦』をはじめ『ロード・ジム』や『飛べ!フェニックス』などアメリカ映画にも出演。
1963年にジャン=ピエール・オーモンの娘ティナ・オーモンと結婚するが後に別居。
一時期、ドミニク・サンダと同棲していたこともあった。
2000年にパリ近郊でアルツハイマー病のため亡くなった。
妹は監督のナディーヌ・トランティニャン。
ナディーヌの著書『兄とアルツハイマー病』(晶文社)に病気との壮絶な闘いが綴られている。

「クリスチャン・マルカン」と関連する人物(故人)