芸能人・経営者のおくやみ情報

中原中也(なかはらちゅうや)

詩人[日本]

1937年 10月22日 死去結核性脳膜炎享年31歳

中原中也 - ウィキペディアより引用

中原 中也(なかはら ちゅうや、1907年(明治40年)4月29日 - 1937年(昭和12年)10月22日)は、日本の詩人、歌人、翻訳家。
旧姓は柏村。
夭折したが350篇以上もの詩を残し、一部は、中也自身が編纂した詩集『山羊の歌』、『在りし日の歌』に収録されている。
訳詩では『ランボオ詩集』を出版するなど、フランス人作家の翻訳もしている(他に少量だがアンドレ・ジイドほか)。
日本大学予科、中央大学予科などを経て東京外国語学校(現在の東京外国語大学)専修科仏語部修了。
略年譜 1907年(明治40年) 4月29日 - 山口県吉敷郡下宇野令村(1915年山口町に編入。
現在の山口市湯田温泉)に父柏村謙助、母フクの長男として生まれる。
父謙助は当時陸軍軍医として旅順にいた。
1909年(明治42年) 父謙助の転任に従って広島に移り住む。
1912年(明治45年・大正元年) 金沢に移り住む。
1914年(大正3年)3月 - 父謙助が朝鮮龍山聯隊の軍医長となったため、家族は山口に戻る。
4月 - 下宇野令尋常高等小学校入学。
1915年(大正4年) 1月 - 弟の亜郎が病死する。

なかはらちゅうや [生]1907.4.29.山口[没]1937.10.22.鎌倉詩人。1933年東京外国語学校専修科卒業。長谷川泰子をめぐる小林秀雄との確執など奔放な青春を過し,ダダを経てフランス象徴派へ傾倒した。特にランボー,ベルレーヌの影響を強く受け,29年『白痴群』の同人に参加,『朝の歌』(1926)など,虚無と倦怠に満ちた生の諸相をうたう詩篇を残した。詩集は生前の『山羊の歌』(34)と没後刊行の『在りし日の歌』(38)があり,独自の声調が多くの読者を集めている。 (引用元 コトバンク)