芸能人・経営者のおくやみ情報

パブロ・ネルーダ 氏Pablo Neruda

詩人政治家[チリ]

1973年 9月23日 死去享年70歳

パブロ・ネルーダ - ウィキペディアより引用

パブロ・ネルーダ(Pablo Neruda、1904年7月12日 - 1973年9月23日)は、チリの詩人、外交官、政治家。
本名はリカルド・エリエセール・ネフタリ・レジェス・バソアルト(Ricardo Eliecer Neftalí Reyes Basoalto)。
チェコの詩人ヤン・ネルダから筆名を取ったが、後にこれを本名とした。
チリの国民的詩人として知られる。
生涯 バスク系チリ人の家庭に生まれる。
1934年、外交官としてスペインに赴任した。
スペイン内戦を目の当たりにして共産主義に接近し、人民戦線とスペイン共和国を支援した。
1945年には上院議員に当選、同時にチリ共産党に入党したが、1948年にビデラ政権によって共産党が非合法化されたため、国外逃亡を余儀なくされた。
イタリア亡命時代を題材に映画『イル・ポスティーノ』が作られた。
その後、1958年に共産党は再び合法化された。
1962年にはモスクワを来訪し、パキスタンの詩人ファイズ・アハマド・ファイズと出会い、その後も交友が続いた。

Pablo Neruda(1904-1973) 南米チリを代表する20世紀最大の詩人。 1904年チリのパラル生まれ。 チリ大学在学中に『二十の愛の詩と一つの絶望の歌』を出版。 中南米の有望な詩人として認められる。 27年外交官となる。 34年赴任したスペインでロルカ等と交流。内戦では人民戦線を支援。 『わが心のスペイン』出版。 45年上院議員に選出され、共産党に入党。 48年独裁色を強める大統領を非難。地下に潜伏し、 アメリカ大陸の文化、地理、歴史、世界の階級闘争を包含する一大叙事詩 『おおいなる歌』を執筆。 49年亡命、52年帰国。 70年世界初の民主革命政権の樹立に尽力、同政権下のフランス大使として赴任。 71年ノーベル文学賞受賞。 73年9月クーデター勃発。癌により死去。 (引用元 Hatena Keyword)