芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原忠通(ふじわらただみち)

公卿、摂政関白太政大臣[日本]

(長寛2年2月19日薨去)

(ユリウス暦) 1164年 3月13日 死去享年68歳

藤原忠通 - ウィキペディアより引用

藤原 忠通(ふじわら の ただみち)は、日本の平安時代後期から末期の公卿。
従一位・摂政 関白・太政大臣。
通称は法性寺関白(ほっしょうじ かんぱく)。
小倉百人一首では法性寺入道前関白太政大臣。
摂政関白太政大臣藤原忠実の長男。
生涯 康和5年(1103年)、大江匡房の名付により「忠通」と称する。
嘉承2年(1107年)、元服し白河法皇の猶子となる。
永久2年(1114年)、白河法皇の意向により法皇の養女の藤原璋子(閑院流・藤原公実の娘)との縁談が持ち上がるが、璋子の素行に噂があったこともあり、父・忠実はこの縁談を固辞し破談となる。
保安2年(1121年)、法皇の勅勘をこうむり関白を辞任した忠実に代わって藤原氏長者となり、25歳にして鳥羽天皇の関白に就任。
その後も崇徳・近衛・後白河の3代に渡って摂政・関白を務めることとなった。
摂関歴37年は高祖父・頼通の50年に次ぐ。
また太治4年(1129年)、正妻腹の娘・聖子を崇徳天皇の後宮に女御として入内させ、翌5年(1130年)、聖子は中宮に冊立された。

ふじわらのただみち [生]永長2(1097).1.29.京都[没]長寛2(1164).2.19.京都平安時代後期の廷臣。別称,法性寺(ほっしょうじ)殿。忠実の長男。母は右大臣源顕房の娘師子。保安2(1121)年父が白河法皇との確執で辞職したあとをうけて関白となったが,これによって父と不和になった。翌年左大臣,従一位,翌々年崇徳天皇の摂政,大治3(28)年太政大臣,同4年関白となった。同年鳥羽上皇の院政が開始され,政界に復帰した忠実,その寵愛を受ける弟頼長と対立。永治1(41)年近衛天皇の摂政,久安6(50)年関白となったが,氏長者の地位は頼長に奪われた。保元1(56)年保元の乱(→保元・平治の乱)後再び氏長者となり,同3年関白の地位を嫡子基実に譲って引退。応保2(62)年出家,法名を円観といった。漢詩集『法性寺関白集』,和歌集『田多民治集』があり,書では法性寺流の始祖。 (引用元 コトバンク)