芸能人・経営者のおくやみ情報

モーリス・ウィルクス 氏Maurice Vincent Wilkes

計算機科学者[イギリス]

2010年 11月29日 死去享年98歳

モーリス・ウィルクス - ウィキペディアより引用

モーリス・ヴィンセント・ウィルクス(Maurice Vincent Wilkes、1913年6月26日 - 2010年11月29日)は、イギリスの計算機科学者。
コンピューティング分野でいくつかの重要な開発を行った。
亡くなった時点ではケンブリッジ大学の名誉教授だった。
ナイト (knight bachelor)、英国コンピュータ学会特別フェロー、王立工学アカデミーのフェロー、王立協会フェローと様々な栄誉を受けている。
生い立ちから軍務時代まで イングランドのウスターシャー ダドリーに生まれ、ウェスト・ミッドランズのスタウアブリッジで育った。
父はダドリー伯の地所で働いていた。
スタウアブリッジの高校に通い、そこで化学の先生からアマチュア無線を教えてもらった。
1931年から1934年までイギリスのケンブリッジのセント・ジョンズ・カレッジで数学を学び、1936年には電離層での長波の伝播についての研究で物理学の博士号を取得した。