芸能人・経営者のおくやみ情報

宇野功芳 氏(うのこうほう)

音楽評論家指揮者[日本]

2016年 6月10日 死去老衰享年87歳

宇野 功芳(うの こうほう、1930年5月9日 - )は、東京都生まれの音楽評論家、指揮者。
国立音楽大学声楽科卒。
父は漫談家の牧野周一。
二弟の宇野弘二は牧原弘二の芸名でジャズシンガーとして活動。
三弟の宇野道義(筆名・宇野通芳、1997年没)は帝京大学助教授。
なお、功芳は筆名であり、本名は宇野功(うの いさお)。
あまりに身体が弱かったため父から心配され、功が23歳のとき、父が姓名判断によって貰ってきた名前が功芳であるという。
以前は、宇野功芳を「うの いさお」と読み筆名としていた。
4歳のとき童謡の会「金の鈴子供会」に入り、小学校5年生までここで童謡を歌っていた。
旧制東京府立第四中学校在籍中に学制改革に遭い、東京都立第四高等学校(現在の東京都立戸山高等学校)を卒業。
同校在学中にも合唱活動に熱中。
早稲田大学英文科と上智大学英文科に合格し、後者に入学するも合唱部のレベルが低いので入学金を払っただけで中退。
1950年秋からテノールの鷲崎良三のもとでレッスンを受け、6年かかって国立音楽大学声楽科に入学。

クラシック音楽評論家。指揮者。 1930年5月9日、生まれ。2016年6月10日、死去。 父は漫談家・牧野周一。 国立音楽大学声楽科卒業。小学2年生のときに死の想念にとりつかれる。 光彩陸離たる独特の文体や、「いえよう語法」で有名。 (引用元 Hatena Keyword)

「宇野功芳」と関連する人物(故人)