芸能人・経営者のおくやみ情報

後藤次男 氏(ごとうつぐお)

プロ野球選手、監督[日本]

2016年 5月30日 死去老衰享年93歳

後藤次男 - ウィキペディアより引用

後藤 次男(ごとう つぐお、1924年1月15日 - 2016年5月30日)は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
愛称は「クマさん」。
来歴・人物 熊本県立工業中等学校在学中の1939年、二塁手として春夏連続で甲子園に出場。
1941年には主将兼捕手として選抜中等学校野球大会に出場し、ベスト4まで勝ち進んだ。
その後は法政大学に進み、4番打者として活躍。
東京六大学リーグ通算32試合出場、121打数30安打、打率.248。
1948年、法大OBの若林忠志が監督を務める大阪タイガースに入団し、ルーキーながら、二塁手や外野手として全試合に出場する。
この年に記録した129安打は新人での球団史上最多安打であった。
(この記録は1998年に坪井智哉が135安打を記録して塗り替えている。
)翌1949年から4年連続で3割を超える打率をマークし、主に3番打者として活躍。
「クマさん」の愛称で親しまれた。
その間、1950年には当時の日本記録である連続塁打25を打ち立てた。
しかし、1953年のシーズン中に鎖骨を骨折した影響で翌1954年以降はレギュラーに復帰できず、1957年限りで現役を引退した。

元プロ野球選手、プロ野球監督。 1924年1月15日、生まれ。2016年5月30日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「後藤次男」と関連する人物(故人)