芸能人・経営者のおくやみ情報

杉田久女(すぎたひさじょ)

俳人[日本]

1946年 1月21日 死去享年57歳

杉田久女(すぎた ひさじょ、1890年(明治23年)5月30日 - 1946年(昭和21年)1月21日)は、鹿児島県出身の俳人。
本名は杉田 久(すぎた ひさ)。
高浜虚子に師事。
長谷川かな女、竹下しづの女などとともに、近代俳句における最初期の女性俳人であり、男性に劣らぬ格調の高さと華やかさのある句で知られた。
家庭内の不和、師である虚子との確執など、その悲劇的な人生はたびたび小説の素材になった。
生涯 大蔵省書記官・赤堀廉蔵と妻・さよの三女として鹿児島県鹿児島市で生まれる。
父の転勤に伴い、12歳になるまで沖縄県那覇市、台湾嘉義県、ついで台北市と移住して過ごす。
1908年(明治41年)、東京女子高等師範学校附属高等女学校(現・お茶の水女子大学附属中学校・お茶の水女子大学附属高等学校)を卒業。
1909年(明治42年)、旧制小倉中学(現・福岡県立小倉高等学校)の美術教師で画家の杉田宇内と結婚し、夫の任地である福岡県小倉市(現・北九州市)に移る。

すぎたひさじょ [生]1890.5.30.鹿児島[没]1946.1.21.太宰府俳人。本名,久子。俳人赤堀月蟾の妹として幼くして句作になじみ,高浜虚子の門に入り,1932年句誌『花衣』を創刊主宰。奇嬌ともみられる激しい言動のために『ホトトギス』を除名されたが,終生虚子を慕った。7周忌に虚子の選句中から選んで『杉田久女句集』(1952)が出された。自己高揚的,情熱的,男性的句風を示し女流俳人中異色の存在であったが,晩年は神経を病んで不遇だった。 (引用元 コトバンク)