芸能人・経営者のおくやみ情報

シャーンドル・ジェルジ 氏Sándor György

ピアニスト[ハンガリー]

2005年 12月9日 死去心不全享年94歳

シャーンドル・ジェルジ(Sándor György, 1912年9月21日 - 2005年12月9日)は、ハンガリー・ブダペスト出身のピアニスト。
ヨーロッパ名はジェルジ・シャーンドル(György Sándor)。
シャーンドル(アレクサンダーに相当)が姓。
生涯 リスト音楽院にてバルトークにピアノを、コダーイに作曲を師事し、1930年に演奏家としてデビューする。
1930年代はコンサートピアニストとして演奏旅行を行い、1939年にはカーネギー・ホールでのデビューを飾った。
彼はピアノの師であったバルトークの生涯の友人にして、バルトークのピアノ曲の演奏および解釈の第一人者でもあり、1945年のバルトークの葬儀に出席した10人のうちの1人であった。
そして1946年にはバルトークが遺したピアノ協奏曲第3番の世界初演を行っている。
戦後はコンサート活動を再開。
更に南メソジスト大学、ミシガン大学、及びジュリアード音楽院において1982年まで教鞭をとった。
教え子にはエレーヌ・グリモー、イアン・ペイス、フォルテピアノ演奏家のマルコム・ビルソン、アルゼンチンの作曲家エゼキエル・ビニャオなどがいる。