芸能人・経営者のおくやみ情報

ロバート・ロッセン 氏Robert Rossen

映画監督、映画プロデューサー脚本家[アメリカ]

1966年 2月18日 死去享年59歳

ロバート・ロッセン(Robert Rossen, 1908年3月16日 - 1966年2月18日)は、アメリカ・ニューヨーク出身の映画監督、映画プロデューサー、脚本家である。
『オール・ザ・キングスメン』や『ハスラー』で知られ、赤狩り(マッカーシズム)の時代に翻弄されつつも硬派の作品を撮り続けた。
人物・来歴 1908年(明治41年)3月16日、アメリカのニューヨークで生まれる。
貧困家庭で育ち、ボクサーなどの職を転々としつつ学費を稼いでニューヨーク大学で学ぶ。
卒業後、理想家肌の作風でブロードウェイの舞台演出家や脚本家として頭角を現す。
この当時はアメリカ共産党員としても活動していた(1945年脱党)。
1936年(昭和11年)にワーナー・ブラザーズによりハリウッドへ招かれ、脚本家として映画界でのキャリアをスタートさせた。
1937年(昭和12年)、ロイド・ベーコン監督の『札つき女』で脚本家としてデビューした。
ロッセンはコロムビア映画に移籍し、1947年(昭和22年)に、自らの経験を活かし、ボクシングに題材を取った『ボディ・アンド・ソウル』で監督業に進出した。