芸能人・経営者のおくやみ情報

エディ・タウンゼント 氏

ボクシングトレーナー[アメリカ]

1988年 2月1日 死去直腸がん享年73歳

エドワード・"エディ"・タウンゼント(Edward "Eddie" Townsend、1914年10月4日 - 1988年2月1日)は、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身のボクシングトレーナー。
妻は「お笑いタッグマッチ」で売れっ子になった落語家の三遊亭小圓馬の妹。
ガッツ石松、井岡弘樹ら6人の世界チャンピオンを育て上げた「名トレーナー」「名伯楽」として知られる。
弁護士であるアイルランド系アメリカ人の父と、山口県出身の日本人の母との間に、ハワイで生まれる。
しかし、3歳の頃に母は病死してしまう。
11歳からボクシングを始め、12勝無敗のハードパンチャーとして活躍。
1932年にハワイのアマチュア・フェザー級チャンピオンになったが、大日本帝国海軍による真珠湾攻撃の前日に初めて敗北を喫した。
戦争開始にともないジムが閉鎖されたこともあり、現役を引退し指導者に転身する。
1962年、ハワイ巡業で知り合った力道山に招請されてに来日。
「日本からヘビー級のボクサーをつくる」ため、力道山が創設したリキジムでトレーナーを務めるが、翌1963年に力道山が暴漢に刺されて急死してしまう。

Edward Townsend Jr. ボクシングトレーナー。 1914年10月4日生まれ、ホノルル出身。米国人の父と日本人の母を持つ。 11歳でボクシングを始め、1932年、17歳でハワイのアマチュアフェザー級チャンピオンになる。 1939年、プロ転向も、太平洋戦争により現役引退。トレーナーに転身。 1962年、力道山に招かれ来日。リキジム?を皮切りに、田辺ジム・船橋ジム・ヨネクラボクシングジム・金子ジムなどで指導。藤猛、海老原博幸、柴田国明、ガッツ石松、友利正、井岡弘樹と世界王者を6人も輩出。 1988年2月11日逝去。 1990年、彼の功績を称えて国内で最も活躍したプロボクシングトレーナーに贈られる「エディ・タウンゼント賞?」が創設された。 また、エディ・タウンゼントジム?が大阪市浪速区に創設された。 * (引用元 Hatena Keyword)

「エディ・タウンゼント」と関連する人物(故人)