芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー・フィールディングHenry Fielding

作家[イギリス]

1754年 10月8日 死去享年48歳

ヘンリー・フィールディング - ウィキペディアより引用

ヘンリー・フィールディング(Henry Fielding, 1707年4月22日 - 1754年10月8日)は、18世紀イギリスの劇作家、小説家である。
小説『トム・ジョーンズ』が代表作で、「イギリス小説の父」と呼ばれる。
生涯 サマセット州シャーパム生まれ。
伯爵家の末裔で、父は軍人であった。
イートン校で学んだ後、ロンドンに出て劇作家になり、風刺の効いた芝居を書いて人気を博した。
フィールディングの政治批判によって演劇取締りが厳しくなったため、弁護士に転身し、その傍ら、小説を書き始めた。
また、新聞の編集長になり、当時のウォルポール内閣を批判した。
フィールディングらの度重なる政権批判の風刺劇を取り締まるために1737年には、上演を制限する演劇検閲法(Licensing Act)が発布された(この影響で演劇の文学的重要性が弱まり、代わりに小説がより注目されるようになった。

「ヘンリー・フィールディング」と関連する人物(故人)