芸能人・経営者のおくやみ情報

宮崎繁樹 氏(みやざきしげき)

国際法学者、明治大学名誉教授[日本]

2016年 4月10日 死去直腸がん享年92歳

宮崎 繁樹(みやざき しげき、1925年10月21日 - 2016年4月10日)は、日本の国際法学者。
明治大学名誉教授、財団法人人権教育啓発推進センター顧問。
法学博士(明治大学、1962年)(学位論文「ザールラントの法的地位」)。
麻布中学校卒業 陸軍幼年学校卒業 陸軍士官学校卒業 公職追放 司法試験合格 明治大学法学部法律学科卒業 明治大学法学部助教授 明治大学法学部教授 明治大学法学部長 明治大学総長 早稲田大学法学部講師 財団法人人権教育啓発推進センター理事長 1968年の明大紛争時の同大学生部長。
父親は旧日本陸軍の名将として有名な宮崎繁三郎陸軍中将。
学外における役職 国際人権法学会理事長 朝鮮奨学会理事 叙勲歴 勲二等旭日重光章受章 著書 単著 『国際法要論――国際法講義案』(文雅堂, 1955年) 『国際法における国家と個人』(未來社, 1963年) 『ザールランドの法的地位』(未來社, 1964年) 『国際法』(日本評論社, 1965年/新訂版, 1977年/三訂版, 1979年) 『人権と平和の国際法』(日本評論社, 1968年) 『戦争と人権』(学陽書房, 1976年) 『国際法綱要』(成文堂, 1984年) 『世界の人権と同和問題――人権の世紀をめざして』(明石書店, 1996年) 共著 (松岡三郎)『あたらしい法律学』(青林書院, 1958年) (松岡三郎)『憲法と法学』(未來社, 1962年) (山崎真秀・中山研一)『現代の国家権力と法』(筑摩書房, 1978年) 編著 『亡命と入管法――各国における法的処遇』(築地書館, 1971年) 『多国籍企業の法的研究――入江啓四郎先生追悼』(成文堂, 1980年) 『国際法』(同文館出版, 1981年) 『現代国際人権の課題』(三省堂, 1988年) 『国際人権規約先例集――規約人権委員会精選決定集(1-2)』(東信堂, 1989年-1995年) 『解説国際人権規約』(日本評論社, 1996年) 共編著 ……

みやざき-しげき 1925-昭和後期-平成時代の法学者。大正14年10月21日生まれ。宮崎繁三郎の長男。陸軍士官学校を卒業して少尉になるが数ヵ月で終戦,公職追放処分をうける。のち明大でまなび,昭和34年母校の教授,平成4年総長。戦時国際法,人権の国際的保障などを研究。ベトナムにおけるアメリカの戦争犯罪の追及などにかかわる。新潟県出身。著作に「人権と平和の国際法」など。 (引用元 コトバンク)

「宮崎繁樹」と関連する人物(故人)