芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハネス・シュタルク 氏Johannes Stark

物理学者、反ユダヤ主義者[西ドイツ]

1957年 6月21日 死去享年82歳

ヨハネス・シュタルク - ウィキペディアより引用

ファイル:Johannes Stark.png thumb right 240px ヨハネス・シュタルク
ヨハネス・シュタルク(Johannes Stark、1874年4月15日 - 1957年6月21日)は、ドイツの物理学者。

シュタルク効果の提唱者。

アーヘン、グライフスヴァルトの大学教授を歴任。

1920-21年:ビュルツブルグ大学教授。

1933-39年:国立理工学研究所所長。

1905年:カナル線におけるドップラー効果の発見。

1913年:水素スペクトル線のシュタルク効果を発見。

1919年:ノーベル物理学賞受賞
電場におかれた原子の発光スペクトルが分岐してサテライト線を持つようになる現象。

ノーベル物理学賞受賞者
ドイツの物理学者
1874年生
1957年没
ar:يوهانس شتارك
bg:Йоханес Щарк
bn:ইয়োহানেস ষ্টার্ক
bs:Johannes Stark