芸能人・経営者のおくやみ情報

アンナ・マニャーニ 氏Anna Magnani

女優[イタリア]

1973年 9月26日 死去享年66歳

アンナ・マニャーニ - ウィキペディアより引用

アンナ・マニャーニ(Anna Magnani、1908年3月7日 - 1973年9月26日)は、イタリアの女優。
ローマ出身。
父親はエジプト人であると長く紹介されてきたが、実際の父親はカラブリア出身のイタリア人である。
母マリーナはアンナを生んだ後、娘を実母に預けてアレクサンドリアへ渡り、裕福なオーストリア人と結婚した。
アンナは、祖母の家で祖母と5人の叔母たちから育てられた。
第一次世界大戦後にマリーナは帰国してアンナをフランス人修道女が運営する寄宿学校へ入れたが、短期間で終わった。
その後アレクサンドリアへ戻った母を追ってアンナもエジプトへ向かうが、母から愛されなかった彼女には苦い思いしか残らなかった。
15歳から大衆演芸の舞台に立つ。
数多くの作品でウェイトレスや歌手という端役を務めた後、1934年映画デビュー。
彫りが深い顔立ち、線の太いいかにも「イタリア女」の風貌で、ロッセリーニ、ルノワール、ヴィスコンティらの作品に出演した。
第二次世界大戦中、ムッソリーニ失脚後、北イタリアはドイツ軍に占領され、ドイツ軍は占領軍使用のため、市民の自動車を徴発した。

Anna Magnani  イタリアの映画女優。  1908-1973。 主な映画出演作: 『無防備都市』(1945) 『アモーレ』(1948) 『噴火山の女』(1950) 『ベリッシマ』(1951) 『黄金の馬車』(1952) 『われら女性』(1953) 『バラの刺青』(1955)アカデミー賞主演女優賞 『野性の息吹き』(1957) 『街の中の地獄』(1958) 『蛇皮の服を着た男』(1960) 『マンマ・ローマ』(1962) 『サンタ・ビットリアの秘密』(1969) 『フェリーニのローマ』(1972) (引用元 Hatena Keyword)