芸能人・経営者のおくやみ情報

トマーシュ・マサリクTomáš Garrigue Masaryk

社会学者、政治家、初代大統領[チェコスロバキア]

1937年 9月14日 死去享年88歳

トマーシュ・マサリク - ウィキペディアより引用

トマーシュ・ガリッグ・マサリク(チェコ語: Tomáš Garrigue Masaryk, 1850年3月7日 - 1937年9月14日)は、チェコの社会学者・哲学者・政治家で、チェコスロヴァキア共和国の初代大統領(在任:1918年 - 1935年)。
チェコで流通している最高額の5000コルナ紙幣に肖像が使用されている。
生涯 生い立ち 1850年、モラヴィアのホドニーンの労働者階級の家庭に生まれた。
当時モラヴィアはオーストリア帝国のオーストリア領内にあり、現在はチェコ共和国の領土となっている。
父親のヨーゼフ・マサリクはオーストリア帝国のハンガリー領出身のスロバキア人であった。
母テレーゼ・マサリコヴァ(旧姓クローパコヴァ)はモラヴィア出身である。
若い頃鍛冶屋として働いていた。
ブルノ、ウィーン、ライプツィヒで研究をして、1882年にプラハ大学の哲学教授に任命された。
翌年にマサリクはチェコ文化のための雑誌を出版、またオットー百科事典の編纂にも加わった。
歴史についていくつかの作品を書いたが、この中で伝統的なチェコの神話学の詩を詐欺的とする論は、この詩を信じていた有力な人々から憎しみを買う原因となった。

「トマーシュ・マサリク」と関連する人物(故人)