芸能人・経営者のおくやみ情報

福岡孝悌(ふくおかたかちか)

土佐藩士政治家、子爵[日本]

1919年 3月7日 死去享年85歳

福岡孝悌 - ウィキペディアより引用

福岡 孝弟(ふくおか たかちか、天保6年2月5日(1835年3月3日) - 大正8年(1919年)3月7日)は、日本の幕末から明治時代の土佐藩士、政治家。
五箇条の御誓文を起草した人物である。
通称は藤次、雅号は南蘋。
栄典は勲一等子爵。
幕末 天保6年(1835年)、土佐藩士・福岡孝順(180石)の次男として生まれる。
安政元年(1854年)、吉田東洋の門下生として後藤象二郎や板垣退助らと共に師事し、その薫陶をうけた。
安政5年(1858年)、吉田の藩政復帰に伴って大監察に登用され、後藤らと若手革新グループ「新おこぜ組」を結成して藩政改革に取り組む。
反主流派の土佐勤皇党を弾圧するなどしたが、文久2年(1862年)の吉田暗殺によって失脚する。
文久3年(1863年)、藩主・山内豊範の側役に就任して公武合体運動に尽力する。
他方で坂本龍馬や海援隊、陸援隊と提携するなど、前藩主・山内容堂を中心に藩営商社・開成館を通じて殖産興業政策を推進した。
慶応3年(1867年)、参政に就任。
幕府を中心とする公議政体論を藩論とし、大政奉還の実現に向けて薩摩藩との間に薩土盟約を締結する。

  • 題名
    水萍処鑑蔵目録
    著者
    発売元
    杉原弁次郎
    発売日
    1902
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    水萍賞鑒録
    著者
    発売元
    青山清吉
    発売日
    1889
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    水萍処鑑蔵目録
    著者
    発売元
    杉原弁次郎
    発売日
    1902-01-01
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    水萍処鑑蔵目録
    著者
    発売元
    杉原弁次郎
    発売日
    1902-01-01
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    印譜弁妄
    著者
    福岡孝弟(水萍子)
    発売元
    国華社
    発売日
    1899-01-01
    新品価格
    より
    中古商品
    より