芸能人・経営者のおくやみ情報

深作欣二 氏

映画監督脚本家[日本]

2003年 1月12日 死去前立腺がん享年74歳

深作欣二 - ウィキペディアより引用

深作 欣二 (ふかさく きんじ、1930年〈昭和5年〉7月3日 - 2003年〈平成15年〉1月12日) は、日本の映画監督・脚本家。
愛称はサクさん。
茨城県緑岡村出身。
茨城大学教育学部附属中学校・水戸第一高等学校・日本大学芸術学部卒業。
妻は女優の中原早苗。
長男は映画監督の深作健太。
生涯 1953年(昭和28年)に東映へ入社。
1961年(昭和36年)、千葉真一の初主演作品となる『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』で監督デビュー。
千葉とはこののち17作品でコンビを組み、ヒットを連発していく。
千葉を主演に据え置き演出した映画『風来坊探偵シリーズ』『ファンキーハットの快男児シリーズ』、1966年(昭和41年)の映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』は、テレビドラマ『キイハンター』 (1968年 - 1973年) の土台となった作品で、『キイハンター』の企画にも関わり、第1,2,157,158,178話を演出した。

ふかさくきんじ [生]1930.7.3.茨城,水戸[没]2003.1.12.東京映画監督。日本大学芸術学部卒業後の1953年,東映に入社。1961年『風来坊探偵赤い谷の惨劇』で監督デビュー。1970年,アメリカ合衆国の映画会社20世紀フォックスの映画『トラ・トラ・トラ!』の日本側場面を舛田利雄監督と共同で担当した。1973年広島を舞台にした暴力団抗争を実録タッチで描いた『仁義なき戦い』が大ヒット,シリーズ化され,その後東映は任侠路線を実録路線に転換した。手持ちカメラによる粒子の粗い映像,菅原文太らのスターから大部屋俳優までが同じ迫力で躍動するアクション演出が海外の映画監督らに影響を与えた。1982年大部屋俳優をモデルにした『蒲田行進曲』で,日本アカデミー賞監督賞など多くの賞を受賞。2000年,残虐な描写で話題を呼んだ『バトル・ロワイアル』を発表。テレビドラマの演出,脚本も多数。1994年芸術選奨文部大臣賞,1997年紫綬褒章を受けた。 (引用元 コトバンク)