芸能人・経営者のおくやみ情報

村山聖 氏(むらやまさとし)

将棋棋士[日本]

1998年 8月8日 死去享年30歳

村山聖 - 将棋棋士

村山 聖(むらやま さとし、1969年(昭和44年)6月15日 - 1998年(平成10年)8月8日)は、将棋棋士、九段(追贈)。
森信雄七段門下。
棋士番号は180。
いわゆる「羽生世代」と呼ばれる棋士の一人。
広島県安芸郡府中町出身。
血液型はAB型。
兄姉の3兄姉の次男として広島大学病院で生まれる。
5歳のとき、腎臓の難病「ネフローゼ」にかかっていることが発覚。
府中町立府中小学校に入学するも病状が悪化し、5年生まで国立療養所原病院に入院し、院内学級で過ごす。
ともに入院していた子が亡くなることもあった。
入院中に父から教わり、将棋と出会う。
体に障ると何度注意されても朝から晩まで指し続けた。
母には、小学館の学習雑誌、「将棋世界」などの本を持ってきてもらった。
以降頭角を現し、中国こども名人戦で4大会連続優勝。
また、当時タイトルホルダーの森安秀光(棋聖)を飛車落ちで破った。
1981年の小学生将棋名人戦の3回戦で佐藤康光と対局し、敗れている。
1982年府中町立府中中学校1年の中学生将棋名人戦でベスト8に入り(優勝は中川大輔)、その上京の際に真剣師として知られる小池重明と遭遇し、彼と指し合い勝利したエピソードがある。

将棋棋士。1969年6月15日、広島県生まれ。5歳で腎臓の難病「ネフローゼ」を患っていることがわかり、入退院を繰り返す中で将棋に熱中。83年、中学生で森信雄七段(当時四段)に入門し、新進棋士奨励会入りした。86年にプロとなり、病と闘いながら88年に五段、91年六段、93年七段、95年八段とスピード昇級を果たした。「東の羽生、西の村山」と期待されたが、98年8月8日、急性膀胱癌により死去。享年29。生涯成績356勝201敗、若獅子戦優勝1回(90年)、タイトル挑戦王将1回(92年)、早指し選手権戦優勝1回(96年)、将棋大賞敢闘賞(92年)・特別賞(98年)。死後の1998年8月9日に追贈九段となった。2002年に発行されたノンフィクション小説『聖の青春』(大崎善生著、講談社)は、第13回新潮学芸賞、将棋ペンクラブ大賞を受賞。同書はドラマ化、コミック化され、16年秋には松山ケンイチ主演の映画「聖の青春」が公開される。 (2016-2-5) (引用元 コトバンク)