芸能人・経営者のおくやみ情報

カレル・チャペックKarel Čapek

作家ジャーナリスト[チェコ]

1938年 12月25日 死去享年49歳

カレル・チャペック - ウィキペディアより引用

カレル・チャペック(Karel Čapek, 1890年1月9日 - 1938年12月25日)は、チェコの作家、劇作家、ジャーナリスト。
兄は、ナチス・ドイツの強制収容所で死んだ画家・作家のヨゼフ・チャペック。
大戦間のチェコスロバキアで最も人気のあった国民的作家。
戯曲『ロボット (R.U.R.)』において、「労働」を意味するチェコ語: robota(もともとは古代教会スラブ語での「隷属」の意)から ロボット という言葉を作ったと言われるが、彼自身は兄ヨゼフが作った言葉だと主張している。
代表作『R.U.R.』『山椒魚戦争』はSFの古典的傑作とされている。
小説、戯曲の他にも、文筆活動は童話、旅行記、文明評論など多岐にわたっている。
また趣味であった園芸においても自らの体験を交えた作品を発表している。
小説『山椒魚戦争』と戯曲『母』ではアドルフ・ヒトラーとナチズムを痛烈に批判している。
そのためにチャペックはゲシュタポ内では『チェコ第二の敵』として危険視される。
ゲシュタポは1939年3月15日、ドイツがプラハを占領した際に、いち早く彼を逮捕するためにチャペック邸に乗り込んでさえいるが、その前年に彼は死亡している。

20世紀前半のチェコを代表する作家。1938年にノーベル文学賞候補となったが、その直後に48歳で死亡した*1。「ロボット」という言葉を作ったことでも知られる。 様々なジャンルで筆をふるった才人であり、その作品は、純文学からSF、推理小説、戯曲、童話、評論、伝記、旅行記、エッセイ、新聞のコラムにいたるまで、実に多岐にわたっている。その作風も、大胆な空想の世界へ飛翔しながら文明の行く末を見通したもの、軽妙なウィットやユーモアを飛ばしながら人間や生き物を見つめたもの、人間の苦悩を凝視しながら哲学的な問を問うたものと、実に多彩である。 主として「人間にとって真実とはなにか?」という問を追求した純文学的作品群には、代表作である長編三部作『ホルドゥバル』『流れ星』『平凡な人生』のほか、『受難像』『苦悩に満ちた物語』『外典』などの短編集がある。また、文明の趨勢と人間の愚かさに警告を発したSF的作品群には、『ロボット』『山椒魚戦争』『白疫病』などがある。 このほか、『一つのポケットから出た話』のような推理小説、『長い長いお医者さんの話』のような児童文学、『マサリクとの対話』のような伝記文学、『園芸家12ヶ月』のようなエッセイなど、様々な分野で面白い作品を残した。 なお、日本を代表するSF作家、小松左京の処女長篇『日本アパッチ族』は、『山椒魚戦争』の大きな影響を受けている。 *1:ノーベル賞は生存者にしか授与されない (引用元 Hatena Keyword)

「カレル・チャペック」と関連する人物(故人)