芸能人・経営者のおくやみ情報

国本武春 氏(くにもとたけはる)

浪曲師[日本]

2015年 12月24日 死去急性呼吸不全享年56歳

国本 武春(くにもと たけはる、本名加藤武〈かとう たけし〉、1960年11月1日 - 2015年12月24日)は日本の浪曲師である。
千葉県香取郡下総町(現・成田市)出身。
日本工学院専門学校演劇科卒業。
父は天中軒龍月、母は国本晴美(共に浪曲師)。
日本浪曲協会所属。
日本浪曲協会副会長。
浪曲師に曲師(三味線)が付くという従来型の浪曲にとどまらず、三味線の弾き語り(伝統的な浪曲では異端である)にギターのフレーズを取り入れた独自の奏法を開発し、ロック、R&B、ブルーグラス等様々な音楽ジャンルを取り入れて活動。
浪曲師として多くのCD・DVDを発表のほか、テレビドラマ、バラエティ番組、アニメ番組出演など幅広く活躍。
1981年 東家幸楽に入門、国本武春を名乗り浪曲師となる。
1986年津軽三味線全国大会に出場し、ディープ・パープルの曲を演奏する。
1995年12月 平成7年度文化庁芸術祭賞演芸部門新人賞、並びに第12回浅草芸能大賞新人賞を受賞。
1999年4月 NHK演芸バラエティ番組『笑いがいちばん』の主題歌を担当(出演もした)。

浪曲師。 通常の公演(ロック調の独特なもの)の他、アニメ頭山、宮本武蔵 双剣に馳せる夢で語りを担当する他、NHK教育での番組「にほんごであそぼ」においてうなりやベベンとして活動していた。 (引用元 Hatena Keyword)

「国本武春」と関連する人物(故人)