芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョゼフ・ジョン・トムソンJoseph John Thomson

物理学者[イギリス]

1940年 8月30日 死去享年85歳

ジョゼフ・ジョン・トムソン - ウィキペディアより引用

サー・ジョゼフ・ジョン・トムソン(Sir Joseph John Thomson, 1856年12月18日-1940年8月30日)は、イギリスの物理学者。
しばしばJ. J. トムソンと呼ばれる。
電子の発見に貢献したことで知られる。
また安定同位体の発見者であり、質量分析器の発明者である。
1906年に気体の電気伝導に関する研究でノーベル物理学賞を受賞した。
生涯 1856年、マンチェスターのチータムヒルで生まれる。
母は地元で織物業を営む一家の出身で、父はスコットランド出身の曽祖父が作った古書店を経営していた(そのため、姓のスペルがスコットランド風になっている)。
2歳年下の弟がいる。
まず小さな私立学校に通うようになり、そこで科学への強い興味と才能を示す。
1870年、14歳の若さでオーエンズ・カレッジ(後のマンチェスター大学)に進学。
両親は機関車メーカーのシャープ・スチュアートの技師になることを望んでいたが、父が1873年に亡くなったことでその道は絶たれた。